トップ

FC東京などについての戯言。1974年生まれのパラサイトシングル(男)がお送りします。
by y.tokio
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:カレーライス( 42 )
勝つカレー
c0039323_2282259.jpg 天皇杯の清水戦を前に「みんなで勝カレー!」が行われたわけですが、平日の小平に駆け付けられるわけもないファンの多くと同様、私も当日は「一人で勝カレー」を。この機会に以前から入ってみたかった、築地場内の洋食店「豊ちゃん」へ。当然のごとく←「カツカレー(1010円)」を注文。道場六三郎が絶賛しているというメニュー。スープ付き。
 いわゆる大衆食堂的なカレーは、当然のごとく辛さは控え目。そしてメインは、なんと言ってもカツ!こちらも普通といえば普通なんですけど、肉はジューシーで衣はサクサク。とにかく特別な何かがあるわけではないのですが、素材も調理も手は抜いちゃいないと感じられる味。
 普通に頼むとルーが、カレーライスとして食べるには、かなり少なめ。カレーソースがかかったカツライスを食べた感覚に近かったでしょうか。実際、食べるときに使うのは、スプーンではなくフォーク。こちらはフライを中心としたトッピングも豊富。多分、かなり柔軟に客の要望に応えてくれると思うので、ルーを多めに頼むのも手でしょうかねえ。
 店自体はL字型のカウンターのみで、10人強が座れば満員になりそうな、こじんまりとした空間。カツ丼の具とご飯を別にした「あたまライス」は有名。
[PR]
by y.tokio | 2008-12-24 03:24 | カレーライス
カシマのカレー
c0039323_1251871.jpg カシマスタジアムのビジターエリア、以前に比べて食事情が充実しましたかね?ふと見ると←こんな看板。カレーと聞いたら、そりゃあ試食せずにはいられません!
 しかもアジアンと付いたら…。実はスタジアムへ入る前に焼き鳥を5本、さらに入場後、お馴染みのモツ煮を食し、これ以上は予算的にも、体脂肪的にも…と思ってたんですが、この機会を逃したら多分、来年になっちゃいますからね。
c0039323_2556.jpg というわけで、→並盛のアジアンカレーとやらを注文。いわゆるタイとかマレーシアとか、東南アジア系のココナッツミルクをベースにしたカレー。スタジアムフードにしては、なかなか本格的な味でしたかね。辛さも、それなりにしっかりと感じられて、これで500円は満足できると言って良いかと。
 この後、隣で売っていた牛すじ煮込みも、思わず買ってしまいました。好きなんですよねえ、牛すじ。いやー、明らかに食べすぎ。終わってみれば飲み物も含め、2000円以上も飲み食いに使ってしまいました。
 以前は本当に、あっという間に売りきれるモツ煮ぐらいしか置いてなかったビジターエリアですが、鹿島さんも色々と大変なんでしょうかね。勝ち点共々(笑)ご馳走様でした。
[PR]
by y.tokio | 2007-07-05 02:30 | カレーライス
ヴィッセルさん家のカレー
c0039323_14124052.jpg 噂の?「ヴィッセルさん家のカレー」を食べてみました。100食限定という話だったので、どの程度の人気かと思いましたが、試合開始1時間前ほどでも余裕で購入。
 スタジアムのカレーといえば、千葉のサマナラが有名。あちらはインド・スリランカ風、こちらは欧風と、基本的にカレーの種類が違うわけですが、私の正直な感想としては、味は神戸の方が上かな、と思いました。もっとも私、臨海からフクアリに移って以降、サマナラのカレーを食べてないんですけどね。当然、所詮はスタジアムフードですから、限界もあるわけですが、それなりにスパイシーで悪くなかったかと。具はいたって普通でチキンやニンジン、ジャガイモといった感じ。
 それでも多分、人に食べたいと思わせるのはサマラナのカレーのような気がしますね。神戸のカレーは、良くも悪くも普通。やっぱりスタジアムでナンが食べられるというのは、非常に魅力的。ちなみに値段は500円。
[PR]
by y.tokio | 2007-04-30 14:59 | カレーライス
鹿島はハマグリが有名らしい
c0039323_2363587.jpg 過去に何度か足を運んでいるカシマスタジアムですが、噂のグルメを堪能したこと皆無。いつも割りと時間ギリギリだったもので。
 今回は直行バスのおかげで、余裕を持って到着。噂のもつ煮でも食べてみようかと、屋台村へ行ってみました。そこで目についたのが「はまぐりカレー」の文字。いやー、いかにもレトルトが出てくるんだろうなあ、という感じだったのですが、一応は「手作り」らしいということで購入してみることに。
c0039323_2424382.jpg 出てきたカレーは、まさに家庭の味。ニンジンが崩れてしまうほど煮込んである辺りが、手作り感満載です。
 そして肝心のハマグリは2つも入ってました。カレーなんてのは、その気になれば、かなり安く作れると思うのですが、このハマグリ2つの存在により、なんとなく500円という値段で納得できてしまいました。味も最低ラインはクリアしている程度。
 結局、もつ煮は食べる事ができず。
[PR]
by y.tokio | 2006-09-26 02:51 | カレーライス
汗をかきかき…
c0039323_2210869.jpg 母親がカレー好きな私のために、上野や銀座にある有名インド…パキスタンも…料理店「デリー」の←「カシミールカレー」を買ってきてくれました。
 デリーには以前に一度だけ、銀座店に行ったことがあります。この店の一番人気、そして最も辛いのが、このカシミールカレー。なにしろ「STRONG HOT」ですからね。頼めば、これ以上に辛くすることもできるみたいですが。
 こちらの商品は、いわゆるレトルトカレーではなく、入っているのはソースだけ。好みの具と一緒に鍋で温めて食べます。ちなみに写真の商品は2人前。4人前もあるみたいです。
c0039323_2230877.jpg 冷凍庫に豚の細切れが余っていたので、適当に炒めてポークカレーにしました。ルーはサラサラ。
 とにかく辛いカシミールカレーですが、私の味覚ではギリギリで美味しいレベル。当然、汗を流しながらの食事となりましたが。辛さの中にも味に深みが…なんて言えば、グルメっぽいでしょうか(笑)
 久しぶりに辛いカレーを食べたら、なんだかカレー熱が湧きあがってきたような…。最近は機会が減っていたカレー屋巡り。新しい店も開拓してみますかね。
[PR]
by y.tokio | 2006-07-17 23:41 | カレーライス
博多の焼きカレー
c0039323_1563224.jpg 考えてみると、この「カレーライス」というカテゴリーを使うのも久しぶりですな。今年になってからは、映画館で食ったカレーだけ。正直、あんまりカレーを食ってないのです。まあ、理由は色々とあるんですよ。金がないとか、金がないとか、金がないとか(苦笑)
 というわけで、福岡遠征の時に「伽哩本舗(福岡市博多区上川端町6-135)」へ。中洲の川端商店街の奥の方。最初から行くつもりだったわけじゃなく、中洲のあたりを歩いていたら、偶然に見つけました。そういえば、焼きカレーで有名な店が、福岡にあるとは聞いたような聞かないような…。
c0039323_291271.jpg 当然、頼むのは焼きカレー。→「鶏肉の焼きカレー(860円)」の百円引きになるスモールサイズを注文しました。具は鶏肉と溶けたチーズ、そして真ん中に生卵が隠れてました。
 以前にも書いたと思いますが、私は辛さ調節と言う奴が、あまり好きではありません。こちらも最高10倍ほどまで辛くできるというのですが、始めての人は、どれだけ辛くすれば良いか、見当がつかないのですよね。一応、ノーマルで頼んでみましたが、自分の好みとしては、足りませんでした。卵が入っていると知っていたら、もう少し冒険をしたのに。
 カレー自体は、本当においしいです。焼いたことの効果までは、良く分からないところもありましたが。こちらのカレーは、横浜のカレーミュージアムでも食べられます。
[PR]
by y.tokio | 2006-05-26 02:26 | カレーライス
映画カレー
c0039323_1571022.jpg 映画「ホテル・ルワンダ」を観た←シネマ・ツーのカフェスペース。チケット売り場の横にあるのですが、なかなか豊富なメニューが揃ってます。焼きたてのパンやパスタなど、女の子は喜ぶかも。まあ、正直なところ、居心地が良いとはお世辞にも言えませんが…。
 で、その中に「日替わりカレー」の文字を発見!ホームページのメニューには入ってませんが、人気らしいので食べてみることに。実は色々と事情があり、カレーを食べるのは久しぶりでした。金がなかったり、金がなかったり、金がなかったり…。
c0039323_2105759.jpg こちらのカレーは、アメリカのチャイニーズタウンで見かけそうな、箱の入れ物に入ってます。当日のメニューは→「印度風ほうれん草のグリーンカレー(580円)」でした。具は基本的に鶏肉の細切れぐらいでしたかね。
 食べてすぐに思ったのは、とにかく熱い!久しぶりにカレーを食ったせいじゃないとおもうのですが…。おかげで口の中がやけど気味。
 それほど大きな箱ではないのですが、深いためか、意外に量はあったような気がしました。辛さはそれほどきつくありません。値段や映画館というシチュエーションを考えれば、味は充分に満足できるものかな、と思います。味スタもこれぐらいはやってくれませんかねえ。
[PR]
by y.tokio | 2006-02-08 02:21 | カレーライス
風呂上りにカレー
c0039323_2381567.jpg 大阪遠征は夜行バスで移動。実は予約を間違え、1週間先…いや、愛媛があったから…で取っていたため、添乗員のお姉さんにえらい迷惑をかけましたが。
 梅田には早朝に到着。近くのサウナバスにて、まったりと2時間ほど過ごし、その後は朝食代わりにこちらで紹介していた「インデアンカレー(大阪市北区芝田1-3 阪急三番街店)」へ。阪急三番街の地下二階にあります。店内はカウンター席のみ。なかなか洒落た造りです。
c0039323_2523238.jpg 頼んだのは「インデアンカレー(730円)」で、浅漬けのキャベツが付いてきました。具は柔らかく煮込まれた牛肉。
 見た目は店内の雰囲気にマッチした、おとなしい感じだったのですが、食べてみてビックリ。予想していた味と全然、違います。
 多分、昔のカレーってこんな味だったのかなあ、なんて思ってしまいました。例えベタな私が表現するに、安っぽい中華料理店で出てくるようなカレーを、ものすごいおいしくした感じ。うーん、自分でも意味が分からない(笑) 食べた瞬間はものすごい甘く感じるんですが、その後にどんどん、辛くなってくるんです。
 今までにない味で、非常に気に入りましたよ、私は。東京にも進出したらしいので、食べにいってみようかと思います。今度は生卵を乗せてもらいましょうかね。
 あえて難点をいえば、ルーに対してご飯の量が少し多過ぎの気が。まあ、辛いので、丁度良いと感じる人も多いのかも。でもルーを大盛りにすると200円プラスは高過ぎません?
 年中無休。ハヤシライスもあります。
[PR]
by y.tokio | 2005-12-07 03:18 | カレーライス
新橋で健康カレー
c0039323_21454221.jpg 久しぶりにカレーを食べようと「玄氣カレー(港区新橋2-20-15 )」へ。実は訪れたのは、新潟戦の前だったりします。なかなか書く機会がありませんでして…。新橋駅前ビル1号館の1階。←こちらは外から見た入り口ですが、ビルの中からも入れます。
 店内はそれほど広くないです。インテリアに凝っているわけではなく、どちらかといえば殺風景でしょうか。いかにも新橋にある店、ともいえますかね。以前は喫茶店かなんかだったみたいです。
c0039323_22332244.jpg ここのカレーは売りが「健康」らしく、ご飯には五穀米なんかを使っているそうで。古代黒米なんてものも選べたりします。この日は→「大根と南昌豚の和風カレー(850円)」を注文。キャベツの浅漬け、コーヒーゼリーが付いてきました。
 辛さはそれなり。物足りない人のためには、ペースト状の胡麻にスパイスをブレンドしたものが机に置いてあります。最初の口当たりは甘く、後から辛さがくる感じ。
 特筆するほどの個性はありませんが、おいしかったんじゃないかと思います。それに大根って結構、カレーに合いますね。家でカレーを作るとき、チャレンジしてみても面白そう。
 チーズをかけてオーブンで焼いた「焼きカレー」なんかもあります。日曜、祝日は休み。
[PR]
by y.tokio | 2005-11-28 23:06 | カレーライス
もう、食べられない…
c0039323_20432196.jpg 本日は土曜日でしたが仕事でした。で、久しぶりにカレーでも食べようかと思い、ネットを探っていたところ、悲しい知らせが。「カレー屋Nagafuchi(港区西新橋3-5-1)」の御主人が亡くなったとのこと。店も閉店したようです。
 こちらは以前、築地に店を構えていた時、一度だけ訪れたことがあります。友人が教えてくれました。その後、どこかへ行ってしまったと思っていたら、新橋の方へ移転したとの情報が。そのうちに寄ってみようと思っていたところだったんですけどねえ。本当に残念。
c0039323_2128430.jpg もう、食べたのは一年ぐらい前になると思いますが…。→今はもう、写真で見ることしかできないNagafuchiのカレー。ルーはサラサラで、ご飯に玄米を使っていたと記憶しています。さすがに味のほうは覚えてませんが、かなりおいしかったはず。噂によると、夏なんかには「アイスカレー」と呼ばれるメニューがあったらしく、ぜひとも食べて見たかったです。
 
 本当にもう一度、食べてみたかった…御主人のご冥福をお祈りします。
[PR]
by y.tokio | 2005-11-19 22:27 | カレーライス