トップ

FC東京などについての戯言。1974年生まれのパラサイトシングル(男)がお送りします。
by y.tokio
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ:サッカー( 104 )
来季のJリーグ
 日本のサッカー界も、すでに来季へ向けた動きが散見される今日この頃。東京の周辺も色々とあるようですが、とりあえずは来季のJリーグについて、超私的東京ファン目線でつらつらと。

 コンサドーレ札幌、東京ヴェルディ1969がJ1昇格(Jリーグ)

 2007J1・J2入れ替え戦 第1戦   2007J1・J2入れ替え戦 第2戦

 J1からの自動降格は17位の甲府と18位の横浜FC。一方のJ2から1位の札幌、2位のヴェルディが自動昇格。そして入替戦はJ2の京都が勝利して昇格を決め、広島は降格することに。
 入替戦第2戦の結果は天皇杯5回戦が行われた香川で知りました。丸亀駅で電車を待っていた時、携帯サイトで。広島は1点でも取れば残留だっただけに、ページを更新する手にも力が入りました。
 とりあえず札幌が来たことで、ついに北海道へ行く理由が出来た事がちょっと嬉しかったり(笑) あまり寒い時期にアウエー戦が組まれないことを祈ってます。これまでに本州、四国、九州には一応、足を付けてきたんで、これで北海道に足を踏み入れれば、残すは沖縄…まあ、色々な島々を入れたら切りがないのですが…。

 2008Jリーグヤマザキナビスコカップ 大会方式および試合方式について

 来季のナビスコカップ予選の組み合わせも決定。東京が入ったBグループには、なんとヴェルディが!さらに残る2チームが清水と磐田。ダービー祭りですな。
 ちなみにCグループには柏と千葉が同居。なんとなく距離の近いクラブ同士を一緒にして、移動の負担を減らそうという配慮でも働いたのでしょうか。まあ、公式戦では二年ぶりとはいえ、一年に四回も東京ダービーがあると、ちょっとばかり食傷ぎみになりそうです。
 ACLの予選が免除されたアジアチャンピオンの浦和も、予選を戦うとのこと。

 移籍のニュースも飛び交う季節となりました。東京関連の動きは置いておいて、旅だった選手たちも人生の転機が訪れているようで。
 宮沢は仙台へレンタル移籍。大分では、なかなか出場機会を得られなかったようですからねえ。仙台では宮沢に、左SBをやらせるとの驚きの噂もありますが。東京で一度、緊急避難的にやっているのは見たことがありますけど、果たして…。
 そして尾亦が湘南からセレッソ大阪へ。こちらは完全移籍。J26位のチームから、勝ち点3差の5位のチームへ行くわけで、ファンにしてみると複雑な気分もあるでしょうか。今も日本代表になる夢を追い続けているという尾亦。東京の下部組織上がりの選手ですからね。夢が現実になる日が来る事を。
 果たして移籍が、2人にとって吉と出るか凶と出るか。まだ声がかかる立場にいるということだけでも、ありがたいことではありますね。家族がいる身だったりすると、チームが次々と変わるのは辛いでしょうけど、ジャーニーマンとして生きていく選手もいますし。由紀彦みたいに?
 信男も参加したトライアウトには、山形から戦力外となった前田、ヴェルディを戦力外になった泰成の姿もあったようで。良い話がくれば幸いなんですけど。2人とも、まだまだ東京で見たかった選手たちでしたからねえ。
[PR]
by y.tokio | 2007-12-21 02:31 | サッカー
今更ながら五輪出場決定!
 アジア男子サッカー2008 最終予選(北京オリンピック2008 最終予選) U-22日本代表対U-22サウジアラビア代表(東京・国立競技場)

c0039323_293561.jpg 随分と時間が経ってしまいましたが、とりあえずはオリンピック出場に祝!寒風吹きすさぶ中での観戦でしたが、選手たちが喜ぶ姿を見られて何より。忠成の喜び方は、ちょっと浮き気味でしたが(笑)
 東京ユース出身の彼が日本への帰化を経て、土壇場のベトナム戦で2得点。最終的にはチームを救ったわけで。プロ1年目、サテライトで奮闘する姿を見守った一人として、本当に嬉しく思いますよ。
 トーチュウに載っていた、本田圭佑の独占手記の言葉が印象的でした。「メディアにはU-20世代が来てからこのチームは良くなったといわれるが、オレたちは最初から強くて、うまいチームだったし、仲もすごく良くてまとまりがあった」と。はっきり言って強がりに聞こえるでしょうし、勘違いしている部分もあるんでしょう。それでもオランダユース世代びいきの私は、このような言葉を本田から聞けたことが嬉しかったです。
 実際のところ、カナダ世代が入ったことが、チーム力の向上に繋がったんでしょうかねえ。長い目で見れば、悪い事ではないのでしょうが、今回の予選に限ってみると…。2次予選のシリア戦以降、それなりに出来あがっていたチームのリズムを、結果的には壊すことになったような気も。多くの人が望んだことなんでしょうが。
 メディアにしても、そして自分を含めた見る側も、世代間の括りを強調し過ぎだとは思うんですけどね。実力のある選手は、年齢に関係なく選ばれたら良いわけで。本田のように、世代間で変な対抗意識が生まれてしまうのは、やっぱり良い事ではないでしょうから。
c0039323_250332.jpg 人間性から否定されるような叱咤激励を受け、苦しい予選を勝ち抜いた我らがU-22改めオリンピック代表チーム。何よりも彼らに足りないのは「時間」と「試合経験」だと思ってます。今までのオリンピック代表は、もう少しチーム作りの時間があった気がしたんですけど。やっぱりホーム&アウエー方式になると、リーグ戦との兼ね合いが難しいということなんでしょう。
 果たして本大会までに、Jリーグの合間でどれだけの強化時間を確保できるますか。またアジアのチーム以外との対戦経験が圧倒的に不足しているだけに、親善試合の相手も重要になるはず。カメルーンとの試合が組まれるという噂もありますが。
 東京の選手たちに目を向ければ梶山にしろ、平山にしろ、伊野波にしろ、まずはメンバーに残らねばなりません。またチームでの活躍次第では、小澤や森村、吉本、さらに新加入の選手たちにもチャンスがあるわけです。
 個人的には、オーバーエージ枠は使わなくても…という気はしています。司令塔的な役割を担える人材が不足しているようにも思いますが、オリンピックは若い世代に託してしまうのも一つの考え方では。
[PR]
by y.tokio | 2007-11-28 02:10 | サッカー
オシムさん、そして五輪最終予選ベトナム戦!!
 オシム監督、脳梗塞で入院 ICUで治療(スポーツナビ)

 とにかく、オシムさんが再び、大好きなサッカーを存分に楽しめるようになることだけを、切に願っています。少しだけ贅沢が許されるなら、あのシニカルで含蓄のある、ユーモアを交えた語り口が聞けるようになることを。
 サッカー界全体が動揺している中、ベトナムでは大一番が…

 アジア男子サッカー2008最終予選(北京オリンピック2008最終予選) 日本 vs ベトナム プレビュー:胸を張って国立に凱旋するためにも、ベトナム戦は必勝!(J's GOAL)

 正直、オランダユース世代びいきの自分としては、最終予選に入ってからのU-22日本代表チームの現状に対しては、かなり複雑な心境を抱いております。大多数の常識的、良識的なサッカーファンが抱く危惧とは、かなり違う意味で。というか、おそらく正反対の意味で。柏木も内田も梅崎も森島も、別に嫌いじゃないですけど、やっぱり、思い入れが違うんですよねえ。
 以前の自分は、彼らに北京へ「行ってほしい」という気持ちでしたが、今は「行ってもらわないと困る」と思ってます。極個人的なわがままですけど、下の世代…しかも優勝争い、昇格争い、残留争いをしているようなチームの主力選手たち…の力を借りておいて結果が出ないのでは到底、納得することができないので。大量得点を期待されているようですが、まずは1点。そして勝利を!
 それにしても、この厳しい戦いを梶山が経験できないのは、東京ファンとしては非常に残念。伊野波は最近、精彩を欠いているようにも見えるので、奮起を期待。平山にチャンスは回ってきますかねえ。
[PR]
by y.tokio | 2007-11-17 04:22 | サッカー
オリンピック最終予選は天王山
 アジア男子サッカー2008 最終予選(北京オリンピック2008最終予選)U-22日本代表メンバー(10/17 対 U-22カタール代表 @カタール・ドーハ)

 五輪最終予選も山場中の山場。現在、グループ1位の日本と2位のカタールの直接対決。勝つことが出来れば残り2試合、勝ち点1で予選突破。しかし負ければ確実に順位が入れ替わってしまうわけです。まさに「絶対に負けられない」戦い。まずは負けないことが第一。
 梶山の怪我、法大の本田が出場停止でレギュラーを張ってきた2人が不在。しかも清水の青山まで、韓国との練習試合で怪我をしたそうで…。アウエーでの戦いだけに、まずは失点したくない展開。能力の問題以前にディフェンスラインとの連係などを考えると、このチームで慣れたボランチがほとんどいなくなってしまったのは、かなり痛いところ。4バックを使うなら、伊野波のボランチ起用という手はあるはずですが、試した様子はないですしねえ…。左SBならガンバの安田がいるわけですし、やってみても面白いとは思うのですけど。
 当然、個人的には平山の先発出場は見たいわけですが、守備を考えるとセレッソの森島に頑張ってもらった方が良い気も。最近、このチームでは活躍できていないように見える、名古屋の本田あたりに期待。もちろん、平山も出番があれば。
[PR]
by y.tokio | 2007-10-16 21:08 | サッカー
ジェフ千葉の方々へ
 日曜日は千葉戦。こんなブログでもJ.B.Antennaやら、さっかりんやらで見つける千葉ファンの方もいるでしょうか。そんな方々へ。ノリオが千葉での思い出を語っております。2007/09/26付で。お暇なら一読してやってください。
[PR]
by y.tokio | 2007-09-29 01:34 | サッカー
五輪最終予選、前半戦終了
 アジア男子サッカー2008最終予選

c0039323_232942.jpg ついに始まった五輪最終予選。私自身はホーム2戦を国立にて観戦。アウエーのサウジアラビア戦もテレビの生中継を視聴。カタール戦では、←ついに日本代表のタオルを買ってしまいました。この手のアイテムは正直、あまり好きではないのですが、多少は格好にも、応援している感を出したかったもので。
 全6戦のうち、半分の3戦が終わって2勝1分の勝ち点7。2位のカタールとは、勝ち点3差の首位で折り返すことに。色々と言われながらも、予選突破へ向けて最低限の結果は残すことができました。
 やっぱり最終予選は、応援している側も緊張感が違います。見所が少なかったといわれるサウジアラビア戦でも、最後までドキドキしっぱなしでしたから。前日には、フル代表のオーストリア戦があったわけですが、睡魔に完敗。気付いた時には、今野がPKを外してました(苦笑)
c0039323_44077.jpg 内容が乏しいといわれる我らがU-22日本代表ですが、3戦目のカタール戦の前半なんかは、悪くなかったと思いますけどねえ。気持ちが見られないとか、攻撃の形が見られないとか根本的な部分ばかり言われますが…まあ、難しいことは良く分かりませんが、このチームに足りないのは、単純に「時間」のような気がします。「人もボールも動かすサッカー」とやらをやるには。下のカテゴリーから入ってきた選手もいますし。
 気になるのは、名古屋の本田。この代表だと、もう一つ力を発揮しきれない感じ。普段のプレーをよく見ているわけではなんで、彼のやりやすい形というのは分からないのですが、ちょっと一対一を仕掛けられる場面が少ない気が。
 梶山は3戦を通して、東京でのプレーぶりに比べると運動量などの面で物足りませんでしたが、決定機の多くでは攻撃の起点になるなど、それなりの働きプラス大一番でのゴール!しかもFKのボールをヘディングで!あんなのを東京でも、と思った矢先に後半…。
 スタメン落ちしている平山ですが、原さんが言っているように、客観的に見れば前線での守備は森島に分があるのは確か。カタール戦でも頑張ってましたし。まずは失点をしたくない厳しい予選の中では、森島が反町さんのファーストチョイスになるのも仕方ないかもしれません。チャンスは来るでしょう。
c0039323_443684.jpg 周囲から受ける厳しい評価は有り難く受けとめるとして(笑) 何を言われようと、とにかく予選突破が最優先!チームの連係を上げるだけの時間はもらえないわけですし。五輪出場さえ決まれば、適切な強化試合なんかを組んでくれるはず…いや、あまり期待はしない方が良いでしょうか…。
 次のアウエーのカタール戦は、梶山に加え、法政の本田が出場停止。まあ、人材的には広島の青山に加えて、川崎の谷口や清水の枝村なんかもいますが、あまり試してこなかっただけに不安は大きいところ。苦しいですが、この試合に勝てれば、予選突破の確率を跳ね上げることができます。
 まあ、最優先は、相手に勝ち点3を与えないこと。水本を中心に安定している、ディフェンス陣の踏ん張りに期待。
[PR]
by y.tokio | 2007-09-15 04:05 | サッカー
逆風のU-22
 北京オリンピック出場を目指す、サッカーU-22日本代表。何やら、すこぶる評判が悪いようで。四カ国トーナメントの結果、U-20との比較、指揮官に対する不審…。
 四カ国トーナメントは、ほとんど見る事ができなかったんですけど、ほぼ主力抜きで、新しいメンバーを入れて、中国人による中国人のための大会で…と言い訳は色々とあるんじゃないかと思いますが、このチームを作ってきた反町さん自身が危機感を持っているようなんで、色々と問題はあるんでしょうな。
 私はU-22世代贔屓なんで、はっきりいって寂しい気持ちはありますけど、それがオリンピック出場に必要なら、下の世代の選手たちを使うのは当然。川淵さん曰くところの「ピチピチ感」とかは、どうでも良いですけど。まあ、それほどオリンピックに熱心で、最終予選直前の合宿前倒しまで考えてくれるなら、初戦であるホームのベトナム戦と同じ日に、フル代表の親善試合が開催される日程の方をどうにかしてほしかったものですが。いくら平日で夏休み中とはいえ、午後8時30分開始って…。
 確かに準備期間不足は否めないところ。色々と言われている選手たちですが、2次予選のシリア戦なんかを見た感じでは、しっかりと練習すれば、それなりのサッカーができることを証明しているように思うんですけどね。
[PR]
by y.tokio | 2007-08-09 03:00 | サッカー
五輪最終予選
 平山「1戦1発宣言」 五輪最終予選組み合わせ決定(トーチュウ)

 【北京五輪予選最終予選組み合わせ】グループCには行った日本はベトナム、カタール、サウジアラビアと対戦。(J's GOAL)

 ついに最終予選の組み合わせが決定。各組から勝ち残るのは一国のみ。敗者復活なしのガチンコ勝負は、8月22日のホーム、ベトナム戦で開戦。
 まあ正直、対戦相手について、実感のある知識がないので、オーストラリアと一緒にならないのはラッキーだったかもしれないけど、サウジアラビアが来ちゃったかあ…などと、何となくのイメージで感想を述べるだけになってしまいますが。カタールとの試合が近づいたら、トルシエにメディアが殺到すると予想(笑)
 前回のセントラル方式から一転、今回は3ヶ月に及ぶ長期戦。当然、Jリーグと並行して行われるわけで…スケジュールを見れば見るほど、その厳しさを痛感します。
 チケットが余る限りは、ホームの試合はできるだけ行こうと思ってます。全て水曜開催なので、個人的には国立が希望。代表人気が落ちこんでいるといわれる中、最終予選にどれぐらいの人が集まるでしょうか。
[PR]
by y.tokio | 2007-06-15 02:26 | サッカー
本田のキックは凄いと思うけど…
 先ほど、五輪2次予選、アウエー香港戦のTBSの録画短縮放送の録画映像を確認。試合全部が見られたわけではないので、何とも言えない部分はありますけど、平山と梶山は得点に絡んだし、伊野波も特に破綻はなかったようですし、東京の3人とも最終予選も呼んでもらえそう…というか、東京のチーム状態からすると呼ばれてしまいそうとも(苦笑)…で、まあ、何より。
 2次予選最終節、6月6日の国立マレーシア戦、平山と伊野波は警告の累積で出場停止。これは良い機会でしょう。平山がいない時の形、しっかりと試してもらいたいところです。普通に考えれば、カレンと忠成の2トップですかね。プレースタイルが被る部分もあるんで、しっかりと役割分担を確認しておきたいところ。増嶋にもチャンスをあげてほしい気もしますけど…。
 それにしても、今更ながら本田圭佑のFKは…凄かったですね。香港の壁が一人というのはどうかと思いましたが(笑)
 もちろん、本田のキック自体は見事でしたが、あそこまで変化するのを見ると、むしろボールの進化に驚いてしまいますね。GKには受難な時代になりました。
[PR]
by y.tokio | 2007-05-19 02:49 | サッカー
とりあえず一安心
 アジア男子サッカー2008 2次予選(北京オリンピック2008 2次予選) U-22日本代表対U-22シリア代表(国立競技場)(JFA公式)

c0039323_1453187.jpg 仕事先から大江戸線で国立競技場へ。入り口では←手ぬぐいというか、バンダナというか、代表戦の日程やスローガンが書かれた青い布を配ってました。「国立へ行こう!」キャンペーンの一環でしょうか。センスは悪くないかと。
 この布にも書かれているんですが、個人的には「ALL FOR 2010!」というスローガンが嫌いです。確かにワールドカップが大切なのは当たり前ですが、その前にも後にも、大切な戦いはあるわけで。先ばっかり見て、足元の石で転ばないよう。
c0039323_1464268.jpg 試合は3対0で日本が快勝!正直、ホッとしました。キックオフと同時に日本が蹴り出したボールを、シリアのGKは、平山が行くまで延々とキープ。なんか最初から引き分け狙い?さすがに中東のチームは現実主義ということなんでしょうか。
 それだけに最初、シリアの得点と思われた場面は肝を冷やしましたよ。この日は審判が、しっかりとホームアドバンテージだったので助かりました。あそこで失点していたら、シリアはガチガチにスペースを消しにきたかもしれませんね。
 そして家長のゴラッソなミドルシュート以降は、日本が完全に主導権を確保。あれは凄かったですねえ。しかも左利きの家長が右足。
 さらに我らが平山の2得点!まずは待望のヘッド…かと思ったら肩だったようで(笑) そして2点目は、チームがほしいところで決めた、これぞストライカーというゴール!ちょっと相手GKがどうなの?と思わないでもないですが。ほかにもポスト直撃のミドルを放つなど、大活躍でした。 まあシリアのコンディションが悪かった事をきちんと差し引き、次のアウエー戦に気を引き締めて臨んでほしいものです。
c0039323_147570.jpg 

続きは後日…余裕があれば…。
[PR]
by y.tokio | 2007-03-29 01:47 | サッカー