トップ

FC東京などについての戯言。1974年生まれのパラサイトシングル(男)がお送りします。
by y.tokio
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2005年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧
2005年が終わる
 間もなく終わる2005年。私生活の体たらくはおいておくとして(苦笑)、東京にとって、ある意味で激動の一年が幕を閉じようとしています。
 ネットで色々な人の思いを見ていると、これまでにはない、厳しいシーズンだったと感じた人が多いようです。勝てない時期が記録的に続いた上、スタジアムであってはいけない事が起こってしまいました。ネガティブな要素が多かった年であることは、間違いないでしょう。
 でも一方で、良い試合も数多く見せてもらいました。大勝した開幕の新潟戦、2000年以来となったジュビロ戦の勝利、公式戦10試合ぶりの勝利となったアウエーのナビスコ大分戦平日アウエーでの勝利は格別だった清水戦、劇的な幕切れとなった今期2度目の東京ダービー、セレッソの優勝を阻んだ、リーグ最終戦など。
 個人的にはリーグ戦、ホームの横浜戦が印象に残ってます。久しぶりにホームで勝利したこの試合。会心の内容だったこともありますが、試合後にみんなでダイジェストを見ていた時の幸福感は忘れられません。
 以前にも書きましたが、ユベントス戦とバイエルン戦を除き、今年も東京は2点差以上で負けることがありませんでした。選手たちが1試合1試合、1点1点を大事に戦ってくれたことの証だと思います。今年一年間、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとう。
 また、このブログを見てくれた全ての人たちにも感謝。よいお年を。
[PR]
by y.tokio | 2005-12-31 20:10 | FC東京
原さんからガーロへ
 ガーロ氏 来季監督就任のお知らせ

 今更な話題ですけど、年が明ける前に。
 私が東京を生で観た2002年の2ndステージ清水戦以来、監督だった原さんが東京を去ってしまいました。自分が初めて好きになったチームの監督である原さんには、当然のように特別な感情があります。
 監督というのは、大切な選手を預ける雇われ人だと思います。東京ガス出身の大熊さんと違い、浦和から来た原さんは、間違いなく外様ですしね。だから選手と監督の評価は全く別物で、監督は常に責任を問われなければならないのでしょう。
 でも振りかえると私は原さんを、選手と同等に見ていました。今年、チームが苦しんでいた時、私は「原さんなら乗り越えられる」というよりも「原さんに乗り越えてほしい」と思ってました。監督を見る目としては、間違っているんでしょう。
 だから終盤、グラウンドで飛び跳ねる原さんの姿を見られるようになって、本当に嬉しかったです。そして、原さんが続投してほしいと願いました。チームにとって、というよりも、まだ原さんを東京で見たかったです。その材料は揃った、とも思いました。
 今でも原さんの退任に納得はしてないです。もちろん原さんは監督として、最高に優秀ではないかもしれません。1つのやり方にこだわり過ぎるところは、原さんの欠点だと言われます。でも裏を返せば貫き通す強さであり、個性でもあるはず。
 J2に降格した柏の土屋がどこかで「チームに戻るべき形がなかった」というようなことを言っていたように記憶しています。対戦相手ばかりを意識して戦うと、歯車が狂った時に取り返しがつかなくなるということ。少なくとも原さんはチームが苦しくなった時、常に戻るべき形を持っていました。
 単純に原さんよりもレベルの高い監督ならば、チームを強くしてくれる可能性は高いでしょう。それがガーロさんであることを希望してはいます。でも同時に、チームが持っていたこだわりがなくなってしまわないか、という不安も覚えます。原さんが大熊さんから受け継いだ上に、4年間で築き上げたものは、東京の確固たる文化として定着したのでしょうか。もしもガーロさんが、これまでの東京とは全く違うやり方で結果を出した時、それでも私は「東京のサッカー」にこだわり続けることができるのでしょうか。
 とにかくチームは決断を下しました。そしてファンの側も私を含めて、強硬といえるほどの反対はしませんでした。道が決まったなら、最善の結果になるよう、努力するしかありません。私は「歴史が判断を下す」という言葉が嫌いです。最も大切なのは決断ではなく、その決断が最高の結果を生むように行動できるか。選ばなかった道の先に何があるかは、誰にも分からないことですから。
 遅ればせながら原さん、本当にお疲れさまでした。あなたがいるスタジアムで過ごした時間は、本当に幸せでした。そして今度こそ「大切な選手たちを預ける監督」となるガーロさん、頼みますよ。期待してます。
[PR]
by y.tokio | 2005-12-30 19:10 | FC東京
今年の話題は今年のうちに…トピックス
 以下、オフィシャルより。

 鈴木健児選手アルビレックス新潟・S(Sリーグ・シンガポール)へ期限付移籍決定のお知らせ

 これはビックリ。スズケンにこんな展開が待っているとは。初めての日本代表選出が、U‐20のベトナム遠征。そして今回はシンガポール。あっち方面に縁でもあるのでしょうか。
 今のスズケンにとって、最善の道かは分かりません。でも個人的には、非常に前向きな決断だと思います。サッカー人生にとどまらず、海外生活は必ず彼のプラスになるはず。主力がリーグで忙しかった時期だったとはいえ、仮にもU‐20の代表に呼ばれる逸材のスズケン。北国育ちの彼にシンガポールの気候は合うのか、ちょっと心配ですが、心身共にたくましくなってほしいです。
 新潟のSチームや千葉のアマチュアみたいに、東京もBチーム的なものがあると良いんですがねえ。なんだかんだいっても、好きなチームの選手たちが、他チームへ行ってしまうのは寂しいものです。

 近藤健一選手 V・ファーレン長崎へ完全移籍決定のお知らせ

 これまたビックリ。なんか移籍するという噂はありましたが。地元へ戻ることになるわけですか。しかも完全移籍。本当にお別れ…。
 とにかく近年は、怪我に泣かされ続けて来た近藤健一。サテライトでも、なかなかプレー振りを見ることができませんでした。現在はどの程度、回復しているのでしょうか。
 今のところ順調とはいえないサッカー人生ですけど、まだ22歳の近藤。ゴールキーパーはこれからです。JリーグにVファーン長崎が上がる頃までは、ちょっと長すぎますが、JFLまで上がれば他チームの目に止まることもあるはず。まずは試合出場できるよう。健闘を祈ってます。

 松尾直人選手 移籍加入決定のお知らせ

 以前から噂があった、神戸からのSB補強。恥ずかしながら、どんな選手かまったく知りません。でも両サイドできるというのは心強い。今年のリーグ戦、東京と国立で対戦した時、ベンチには入っていたみたいですね。
 年齢的にも今回の移籍は、本人にとってかなり期するものがあるはず。今シーズンは怪我に悩まされたポジションですし、厳しいスケジュールの来シーズンは、チャンスがあるんじゃないでしょうか。期待してます。

 「U-15深川」高円宮杯第17回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会準優勝

 日本一まであと一歩というところで、浦和ユースに0対2で敗戦。年末のバタバタで、国立に行く暇がなくて残念です。3年生にとっては最後の試合。お疲れ様でした。U‐18に昇格する選手たちには、さらなる活躍で、この悔しさを晴らしてほしいものです。

 で、ちょっと蛇足を…。

 待つしかない アモローゾ東京移籍(トーチュウ)

 プロなのだから当たり前なのかもしれませんが、正直いって、あんまり気分の良い話じゃないですな。期待している人は多いみたいですけど、来ないなら来ないで良いです。だから早く決めてほしいところ。
 祐介も、そして多分、ルーカスもいなくなりますが、フォワードは現時点のメンバーだけでも充分に満足ですよ、私は。まあ、足りない足りないといわれた今年の面子でも、満足だったのですけどね。

 FW播戸竜二選手、ガンバ大阪へ完全移籍決定(神戸)

 よし、狙い通り(笑)
[PR]
by y.tokio | 2005-12-30 04:41 | FC東京
仕事が納まった!…んですけど…
 明けて昨日で、仕事納め!バイトみたいな仕事でも嬉しいもんです。これで今日からは羽を伸ばして…掃除…部屋が…。つけが回ってきちゃいましたねえ。頑張らんと…。
[PR]
by y.tokio | 2005-12-30 02:32 | よもやま
クリスマスイブ?
c0039323_20262813.jpg 仕事帰り、そういえばクリスマスイブだったんだ、なんて気づきました。で、そういえば東京駅でなんかあったよなあ、などと思い、物見遊山で「東京ミレナリオ」を見に行ってみました。みましたが…。
 ←この混みようですよ。2時間待ちだとか。どこまで2時間かは良く分かりませんが、そんなに待つほど暇…ではあるんですが(笑)…気が長くはないんで。人混みも嫌いだし、なんといっても一人だし…。
c0039323_21235892.jpg


 そんな私には→立川駅南口のイルミネーションがお似合い。青色ダイオード万歳って感じで。いやー、わびしい、わびしい(笑)
c0039323_2148143.jpg

 ところでSOCIOの方たち、2006年の年間チケット申し込み、もう済まされましたか?私のところには、←申し込み完了を伝えるハガキが到着。で、表には…
c0039323_21515354.jpg

 切手のところが…クリスマス使用に!これは郵便局の企画?東京の人がやったんじゃないですよね。なかなか考えますな。ちょっと嬉しかったです。
[PR]
by y.tokio | 2005-12-24 21:54 | よもやま
ちょっと余裕が出たとこで…トピックス
 それぞれ、オフィシャルより。

 パラグアイ代表合宿(12/19~29) ササ サルセード選手選出のお知らせ

 スペインのカタルーニャ選抜との試合。JスポーツのFOOTを見ていると、よく名前が出てくる奴ですね。今回は10日間とかなり長い期間の合宿ですし、アピールしてほしいところ。
 それにしても、ササがパラグアイ代表で、どのぐらいの位置にいるのか、いまだにサッパリ分かりません。例えば私でも知っているサンタクルスが、日本代表の中田や中村クラスだとすると、松井とか阿部勇樹ぐらい?それとも駒野とか、村井あたり?というか、フォワードで比べようと思ったら、日本には代表確実のような選手がいないことに気づきました(笑)

 柴崎貴広選手移籍加入決定のお知らせ

 突然のことで、ちょっと驚いたGKの補強。でも考えてみれば当然かも。塩田と近藤が怪我。あとは特別指定の阿部、レンタルの期限切れ間近の森田、ユースの権田君。登録は7人ですが、実質は土肥と大志だけみたいな感じですからねえ。ワールドカップイヤーで土肥が不在になることも多いことだし、思わぬチャンスが巡ってくるかも。頑張ってほしいです。ヴェルディにいたというのはちょっとだけ気になりますが(笑)
 そういえば監督が変わることで、コーチの入れ替えもあるんでしょうか。浜野さん、残るんですかねえ。個人的には長澤さんがどうなるのか、ものすごい気になっているんですけど。外国人の監督は、自分のブレーンとか連れて来るような気もしますしねえ。

 茂庭照幸選手『フェアプレイ個人賞』選出について

 そういえば、今年はカードをもらっていなかったんですよね、茂庭は。にもかかわらず、あの安定した守備。素晴らしい。多分、浦和のファンは納得していないような気がします(笑)

 選手掲載誌(雑誌)発売のお知らせ

 サッカーダイジェストに原さんと梶山が登場するということで、久しぶりに購入。原さんのインタビューも注目ですが、梶山の記事がなかなか興味深かったです。ダービーで目覚めた守備意識が、その後の安定に繋がったとの事。
 ユースの選手が、トップの選手を強く意識していることも良く分かりました。梶山は、藤山のプレーをワクワクしながら見ていたとのこと。ちょっと意外ながらも、良い話です。改めて、ユースの選手たちが、一人でも多くトップへ昇格してきてほしいと思います。

 近藤祐介選手 ヴィッセル神戸へ期限付移籍決定のお知らせ

 祐介については、新監督の件とともに思うことがあるわけですが…もう少し、時間ができた時に改めて。とりあえず、播戸はどっかいくつもりはないんですか? 横浜とか名古屋とか、金のあるところが買ってくれませんかね(笑)
[PR]
by y.tokio | 2005-12-22 02:21 | FC東京
年が明けたらシーズンオン!
 山内隆宏選手(東海大学)新加入内定のお知らせ

 阿部篤史選手(国際武道大学)新加入内定のお知らせ

 もう、随分と前に発表されてましたが、我らがFC東京バレーボールチームに新人2名の加入内定。12月の中旬合流ということで、もう練習していますかね。次のV1リーグ戦に使われる可能性は低いとは思いますが、早くチームになじみ、活躍できるよう、祈っております。
 山内選手はセッター。辻選手がいなくなり、本職のセッターは坂本選手だけでしたからねえ。さすがに補強しましたか。どうやら大学の日本代表らしいです。正直、良く分からないですが、とりあえず期待。それにしても本番はセッター、誰がやるんでしょうか。サマーリーグ以降は川合選手が務めてましたが。
 そして阿部選手はサイドアタッカー。身長190センチ、そして最高到達点340センチ!即戦力になってほしいところ。
 サッカーは終わりましたが、バレーボールはこれからが本番!青赤の季節は終わらない!
[PR]
by y.tokio | 2005-12-20 02:10 | FC東京バレーボール
甲子園ボウル
 今、甲子園ボウルを見ていました。法政、勝ちましたねえ!大学アメフト、しばらく見てませんでしたが、あの法政がショットガンをやっているとは。私がアメフトをやっていたころの法政は、オプション攻撃だけで関東を蹂躙していたものの、関西勢にはなかなか勝てない時期が続いてましたから。ラグビーとは反対に西高東低のアメフト。久しぶりの関東勢優勝、素直に嬉しかったですよ。おめでとう!
[PR]
by y.tokio | 2005-12-19 02:41 | よもやま
本当に2005年ラストマッチ
 Jユースサハラカップ2005 決勝トーナメント準々決勝 東京 vs 清水 長島裕明監督(FC東京)コメント(J's GOAL )

 Jユースサハラカップ2005 決勝トーナメント準々決勝:F東京 vs 清水 試合ダイジェスト(J's GOAL )

c0039323_0352616.jpg 結局、来ちゃいました、フクダ電子アリーナ!迷惑かけつつ…。明けて今日から1週間、頑張りますから(笑)
 始めて来たフクアリ。出来たばかりということで、大変にきれいでした。当日はメインスタンドのみの開放でしたが、ゴール裏とはシートの作りが違うようですね。メインにはあるドリンクホルダー、ゴール裏にはないみたいなので、行く時には注意。ペットボトルは、臨海に続いて大丈夫なんですかね。
 それにしても、寒すぎ!確かに寒波が来ているとは聞いていたけど…。こんなに芯から冷えたのも久しぶり。あの辺りは風も強かったです。その上、メインは完全に日陰。バックの方を開けた方が良かった気がしました。
c0039323_1294664.jpg 到着した時には、まだ前の試合がやってました。残り10分ぐらいでしたかね。なんか中途半端な、なんて思っていたら、ロスタイムに三菱養和ユースが3対3の同点に追いつく劇的な展開に。
 PK戦は10人ずつぐらいまで行きましたかねえ。結果、横浜Fマリノスユースの勝利。三菱養和も一度、決めたら勝ちのチャンスがあったんですが、プレッシャーなんでしょうねえ。外してしまいました。
c0039323_1514834.jpg そして肝心の東京ユースと清水ユースの試合。残念ながら、ロスタイムにFKから決められてしまい、0対1で敗戦。3年生にとって、最後の大会が終わってしまいました。
 東京にも勝つチャンスがありましたが、全体的には清水ペースでしたかねえ。特にやたら高いくせに足元が上手いフォワード。彼のところでボールが収まる分、清水の攻守の切り替えが非常に良かったです。そこが東京との違いでしたか。
 それでもGKの権田君が、決定的な場面を何度も死守。CBの伊藤君も、ジャーンばりに制空権を支配し、どうにか凌いでいたんですけどねえ。2人とも試合後、泣いてました。
 攻撃陣も良い時間帯はありましたが、ちょっとシュートの意識が低かったかも。後半、常盤君が前の方にきて、チャンスを作るも決められず。注目していた中野君は後半の頭から登場。光るプレーもありましたが、本調子ではなかったようにも感じました。来年はぜひ、トップ帯同してほしい選手です。
 今年は3年生のトップ昇格なしとのこと。でも監督さんがおっしゃっているように、大学で良い時間を過ごし、ぜひともJリーグを目指してもらいたいです。それがFC東京なら最高です。とりあえず、お疲れ様でした。
[PR]
by y.tokio | 2005-12-19 02:31 | FC東京
師走バタバタ
 年末が近づくにつれ、ちょっと余裕がなくてなってきている私。ちゃんとした仕事をしている人から見れば、本当に何てことないことなんですが、今週から来週にかけては山あり山あり。原さんのお別れ会、ちょっと無理そう。サハラカップの方もねえ。こちらはぜひとも行きたいのですが。
 そういえば、なんか原さんのTシャツを売り出すそうで。なんかねえ、あんまり悪意には取りたくはないのですけど…。FC東京なんてシンプルな看板を掲げているんだから、あんまり余計なことをする必要はないと思うのですが。それが東京らしさなんじゃないですかね。
 加地のこと、来日中のブラジル人のこと、気になることは色々ありますが、落ちつくまでは…自分がね…多分、ブログの更新を怠ることになるかと思われます。では、おやすみなさい。


 あ、1つだけ。祐介、行くチームは良く選ぶようにね。
[PR]
by y.tokio | 2005-12-16 02:18 | よもやま