トップ

FC東京などについての戯言。1974年生まれのパラサイトシングル(男)がお送りします。
by y.tokio
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2006年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧
素晴らしき若者たち
 FC東京U-15むさし 高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会準優勝

 記念写真(スナップショット)

 高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 ガンバ大阪ジュニアユース対FC東京U-15むさし(JFA)

c0039323_2019576.jpg 2006年最後のサッカー観戦となった、12月29日の国立競技場。高円宮杯決勝と天皇杯準決勝の2試合、6時間以上も冬の寒さにさらされたことが、後に体調を崩す原因になったかどうかは定かではありませんが…。
 まずはメインの…ある人から言わせれば前座らしいですが(笑)…高円宮杯。結果は1対2と、むさしは惜しくも敗戦。最後は噂の宇佐美にやられました。あれで中2は反則という感じ。
 それでも我らがFC東京U-15むさしの戦いぶりは、見事でした。試合を通じてペースを握っていたように思いますし、同点のループシュートはゴラッソ。印象的だったのは、プレーの選択の良さ。パスの出し所が、上から見ていた観客よりも的確でしたねえ。ファイナリストに恥じない、素晴らしいチームです。
 応援は基本的にユースの定番、ベンチ外の選手たちで行われてましたが、途中でU-18の中野が太鼓を叩くなど、その団結力の高さを見せるとともに、機転を利かせて鹿島ファンを味方につけるというセンスの良さも披露(笑) ピッチの中でも外でも、東京の弟分は素晴らしく頼もしい若者たちでした。
 で、東京ファンにとってはデザートの(笑)天皇杯は、浦和が2対1で勝利。全体的には鹿島が良かったように見えましたが、浦和が勝負所で決定力を発揮。なんだか一昔前とは逆の立場になったようでした。結果的には交代枠を一つ、余らせた鹿島。負けているときに切るカードが一枚、足りなかった感じです。
[PR]
by y.tokio | 2006-12-30 20:49 | FC東京
今年、最後のサッカー観戦
 FC東京U-15むさし 高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝進出!!

 FC東京U-15深川 高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会第3位

 東京対決は実現しなかったものの、むさしが見事に決勝進出!というわけで明けて本日、ガンバ大阪と国立で激突!予選で負けている相手だけに、かなり厳しい戦いになるでしょうねえ。
 無事に28日で仕事納めとなった私も、観戦するつもり。なんかオマケの試合もあるようで(笑)それにしても国立の食料事情で寒い中、場合によっては6時間以上も場内にいることになるわけで結構、辛そうです。再入場、認めてもらえないでしょうし。せめてモツ煮なんかの売店が開いてますように…。
[PR]
by y.tokio | 2006-12-29 03:24 | FC東京
記念品
 三浦文丈選手 記念グッズ 予約販売のお知らせ

 土肥洋一選手 J1リーグ戦216試合連続出場記念グッズ 販売のお知らせ

 何やらオフィシャルから、記念品発売のお知らせ。もう1週間以上も前の話ですが。この手の商品って、あまり興味がない…というか、買っても大切にしない自信があるんで(笑)
 現役引退するフミさんのグッズでは、Tシャツのデザインが個人的には、歴代のユニフォームを組みこんだデザインが結構、好きです。無理を承知で贅沢をいえば、東京に来る前の所属チームのユニフォームもあれば、もっと良いかなと思いました。磐田やマリノスはもちろん、筑波大学や清水商業のも。
 さて、もう一つの方。一部の人達が言っているように、途切れた記録を「記念」して出すグッズというのは、たしかにどうなの?とは思います。でも216試合連続出場というのは、改めて考えると凄い記録です。
 今年の終盤、ついに土肥からポジションを奪った塩田。でもJ1昇格から7年近くにわたり、土肥が作ってきた東京のGK像の重さを感じるのは、これからのような気がします。ポジション争いの結果、塩田が開幕の正GKの座を獲得したとしても、問題はそこから。果たして1年間、コンディションを保ち、高いパフォーマンスを維持しながら、ピッチに立ち続けることができるのか。プロ4年目の大勝負。例え不可抗力とはいえ、これからは怪我で簡単に離脱するわけにはいきません。是非とも土肥の記録を抜いてもらいたいものです。
 もちろん、土肥の逆襲もあるでしょう。これだけの実績を築いてきた土肥ですから、チャンスが与えられる可能性は多いはず。逆に言えば塩田の場合、少しでも調子を落とした時には、簡単に替えられてしまうかも。緊張感のあるポジション争いが見られることを期待してます。
[PR]
by y.tokio | 2006-12-28 04:39 | FC東京
秋葉原名物が…
c0039323_2165486.jpg

 秋葉原で有名な「おでん缶」の自販機を、東京駅にて発見。私が見たのは3、4番線のホーム。銚子風だとか。
c0039323_2195628.jpg
 さらに下段は「もつ煮缶」を販売。でも、この自販機は「常温販売中」だそうで。しかも「他の容器に移し温めてお召し上がりください」と書かれているし…。その場で食べられないんじゃ、自販機で売っている意味がないのでは…。
[PR]
by y.tokio | 2006-12-27 02:24 | よもやま
移籍を巡るあれこれ その3 その他もろもろ
 ようやく仕事も落ちつき、時間に余裕が出来てきました。年末になると、家の掃除をやらなくてはいけませんが。というわけで最近、なかなか拾えなかったニュースを幾つか。古い話、新しい話など取り混ぜて。

 柴崎貴広選手 東京ヴェルディ1969へ完全移籍決定のお知らせ

 東京決戦で会うのが楽しみ(トーチュウ)

 柴崎が移籍。これはちょっと、止められないですかねえ。サテライトですら、ほとんど試合に出ていないわけで、今後のことを考えたら…。行き先がちょっと…ですが。一応、宿敵の割りには、結構、東京から選手が行っている気がしますね、ヴェルディには。
 金沢やナオ、そして本人のサイトなんかを見ると、チームに馴染んでいたようなんで、残念ではあります。まあ、塩田も最近、ようやくリーグ戦出場を果たしぐらいだし、GKというポジションは本当に難しいです。大志も抜けて、これで来季は、GKチームは4人体制で決まりでしょうか。怪我がなければ、このぐらいの人数で丁度良いと思うのですが、一人でも怪我をすると、途端に少なく感じるし…。本当に難しいポジションです。
 柴崎のサッカー人生に幸多きことを。高木ぐらいはすぐに追い抜いちゃって下さい。あのピンクのユニフォームを着るのは、ちょっとばかし気の毒な気もしますが(笑)

 鈴木健児選手 帰国のお知らせ

 鈴木健 チーム合流(トーチュウ)

 もう1カ月も前の話ですが、スズケンがシンガポールから帰国。ゴールを決められなかったのは非常に残念でしたが、コンスタントに試合をこなせたことは、確かに大きいです。東京にいたら、決して積めない経験だったでしょうから。
 まだ生の姿を見ることが出来ていないのですが、逞しくなったでしょうか。シンガポールでは、主に左のMFでプレーしていたようで。一応、DF登録だったようなんですが、東京では左SBでの起用も視野に入っているのでしょうか。金沢の回復具合、藤山の壁などがありますが、チャンスはありそうなポジション。SBの補強が必要という人が多いですが、個人的にはスズケンや森村に期待したいですねえ。
 それにしても、新潟Sやジェフクラブのような「Bチーム」が東京にもほしいなあ、と思ってしまいますね。レンタルで出さなくても、試合の経験が積める環境というのは正直、うらやましいです。

 茂庭 結婚(トーチュウ)

 今更ながら(笑)結婚おめでとうございます。ところで茂庭、怪我の具合はどうなんでしょう。以前、オフに海外のチームでで練習したいと言ってましたが、ちょっと難しいでしょうか。まずはしっかりと怪我を治してほしいところ。東京の大黒柱の一人ですからね。

 FC東京U-15むさし 高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメント準決勝進出!!

 FC東京U-15深川 高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメント準決勝進出!!

 サハラカップの決勝は残念な結果に終わりましたが、東京のU-15の方は深川、むさい共に頑張ってます。そろって高円宮杯準決勝進出!日本一を決する大会で、上位4チームのうち、二つが東京!これは凄いことですよねえ。
 以前にエルゴラで、むさしが出来た経緯のようなことを書いた記事がありましたけど、それなりに問題もありながら、力強く進んでいるようで。準決勝は27日の水曜日に西が丘にて、深川はガンバ大阪、むさしはSSSジュニアユースと対戦。果たして29日に国立で、東京同士の日本一決定戦が実現するのか。
 ちなみに決勝は、天皇杯準決勝の浦和対鹿島の前座。浦和が関わっているわりには、今のところチケットは残っているようです。

 東京、神戸 近藤巡って綱引き 復帰熱望も本人の意思尊重(トーチュウ)

 鈴木さんの「欠かせない貴重な戦力」発言は、最近のフォワード過多な状況を考えると「本当かいな」と思いつつ、ちょっと嬉しかったり。完全に諦めていた祐介の東京復帰ですが、来季以降はありうるかも。とりあえずレンタル延長というところで収まりますかね。まだ32番は空けておくことにはなりそう。
 神戸での祐介は42試合に出場して10得点。入替戦でもJ1昇格を決めるゴールを決めるなど活躍しました。で、なんか神戸へ行って成長した、といったような声も聞きます。もちろん、成長した部分はあるでしょうし、自信はついたでしょうけど、むしろ2005年に東京で苦しい思いをした経験が、J2の舞台で生きているんじゃないかと、個人的には思ってます。
 多分、祐介の意志は尊重してもらえると思うんで、よく考えて来季の身の振り方を決めてほしいところ。もっとも、すでに気持ちは固まっている時期ですかね。まあ東京は大物FWを獲得する噂もありますし、出場機会を考えるとね…。一方で神戸には、J2落ちするセレッソから大久保が来るとの噂も。さてさて、正式な発表を待つことにしますか。

 FC東京 磐田DF茶野獲得へ(スポニチ)

 茶野うんぬんより問題は、増嶋のことでしょう!甲府行きが決定的って…。天皇杯清水戦でのパフォーマンスを見て、増嶋は来季こそ勝負の年と思っていたんで、非常に気になる記事。ありえない話ではないだけに…。心配です…。
[PR]
by y.tokio | 2006-12-26 01:35 | FC東京
サハラカップ準優勝
 「FC東京U-18」Jユースサハラカップ2006 第14回Jリーグユース選手権大会準優勝

 サハラカップ決勝。残念ながら、カップを掲げることはできず。仕事中はJ's GOALの速報やFC東京の実況板を見ながら、本当にドキドキしましたが…。
 トップ昇格の森村と吉本、権田はもちろん、大学へ行くだろう選手たちもこれからがサッカー人生の本番。福井さんも言っているように、この悔しさが今後の糧になることを期待してます。
 そういえば中野は、徳永や原さんの後輩になるそうで。彼を初めて見た時の衝撃は、忘れられません。4年後には、きっとJリーグに来てくれると信じてます。もちろん、それが東京だったら最高です。早稲田の試合、見に行ってみますかね。
[PR]
by y.tokio | 2006-12-24 22:08 | FC東京
神戸へ届け!我が歌声
 Jユースサハラカップ2006 決勝 広島 vs FC東京:プレビュー(J's GOAL)

 本日、仕事と相成りました。ちょっとばかり運が足りませんでしたねえ…。残念ながら神戸行きは断念。まあ、余計な邪念が持ちこまれない分、選手たちが力を発揮してくれることを祈るのみ。まずは悔いなき戦いを。そして…


カップを奪い取れ!


    
掲げよ東京!

[PR]
by y.tokio | 2006-12-24 08:18 | FC東京
バタバタバタ
 何というか、自分の能力のなさを実感している今日この頃…。クリスマスを神戸で過ごす事はできそうにないですねえ…。しばらくは、意味のあることを書く余裕はなさそうです。来週になれば、少しは時間がとれるかも。では。
[PR]
by y.tokio | 2006-12-23 02:30 | よもやま
甲子園ボウル
 法政が激闘を制し初の大学王座連覇達成!(甲子園ボウル公式サイト)

 夜中にテレビを見ていたら、TBSで甲子園ボウルをやってました。最近は完全に見なくなってしまいましたが、かつては大学アメフト界の端っこにいた私。そういえばアミノバイタルフィールドでも、よくアメフトの試合をやってましたね。
 大学アメフトを見なくなってから随分になりますが、法政の変貌ぶりには驚きました。私が現役だったころの法政といえば、売りはオプションを中心としたラン攻撃。クォーターバックとランニングバックが、スピードにものを言わせてフィールドを席巻。ほとんどパスを使わず、関東では圧倒的な強さを誇ってました。
 一方で甲子園ボウルでは、なかなか勝てずにいました。当時の関西は立命館と関西学院、京都大学の3強が凌ぎを削っていた時代。ライバルが不在だった法政は厳しい戦いを経験していなかったためか、戦略の甘さと勝負弱さが目立ちました。
 そんな法政が、なんとショットガンを使っているではありませんか!しかもノーハドルまで駆使。そういえばエンブレムも変わってましたねえ。
 試合は45対43で法政が激闘を制しました。敗れたとはいえ、関西学院の粘りも素晴らしかったですね。特に2ポイントコンバージョンを決めたあたりの勝負強さはさすが。しかし、その後の法政の試合の進め方も見事でした。
 優勝した法政は来年の1月3日、社会人の日本一となったオービックシーガルズと対戦。シーガルズも苦労してますねえ。社会人の壁は厚いと思われますが、法政には頑張ってほしいものです。
 
[PR]
by y.tokio | 2006-12-20 03:59 | よもやま
芸能界裏話(笑)
 たまには、インターネットっぽく、業界裏話でも(笑)
 仕事上の関係で、ある有名女性芸能人が、来年から改名するという話を知りました。すぐに報じられると思ってましたが、あまり知りわたっていないようで、ちょっとビックリしてます。ネットでも、それほど騒がれていないようで。
 正直、なんで名前を変える必要があるのか、さっぱり分からないのですが…。変え方もかなり微妙。微妙だけど、彼女が出演者から呼ばれている名前を考えると、影響はデカそうにも思えるんですがね。番組の企画なのか、それとも画数でも悪いのでしょうかね。
 というわけで、珍しく思わせぶりな話題でした(笑)
[PR]
by y.tokio | 2006-12-20 01:50 | よもやま