トップ

FC東京などについての戯言。1974年生まれのパラサイトシングル(男)がお送りします。
by y.tokio
<   2007年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧
今季のユニフォーム
 2008年シーズン ユニフォームデザインをみんなで考えよう!!

 少し前に発表された、来シーズンのユニフォームに関するアンケート。ユニフォーム云々よりも、今野が「僕らが10年目のシーズンを戦うユニフォームをぜひ一緒に考えましょう!」と、早くも来季の残留を宣言している方が気になったりしますが(笑)
 自分の趣味に自信を持っていない私なんで、実際に答えるのはやめておきますが、あえて選ぶなら④ですかね。イタリアのジェノアに似ているやつですか。ここって昔、カズがいたチームでしたっけ?中田浩二がいるスイスのバーゼルも、こんな感じですよね。でも、この左右色違いのパターンは、すでに川崎が採用してるんで、実際には推したくなかったりします。一般的には縦縞が人気みたいですが…。
 で、正直に言うと今季のユニフォームを結構、気に入っていたりします。左右非対称のデザインは好きですし。見慣れてきたこともあるんでしょうけど、選手たちが格好良く見えてきてるんですが…。あっ、ソックスは駄目ですよ(笑) でも今季で廃止決定なわけですよね。
 一般的には評判の悪い今季のユニフォーム。そんなに悪いかなあと…私の趣味の悪さはおいといて…自分とほかの人たちとのセンスの違いについて考えてみて、思い当たることが。根本的に私、自分がユニフォームを着る事態を想定していないということ。これは大きな違いかもしれません。
 今季のユニフォームは、パンツと一体になって初めてデザインが完成するんですよね。上だけを着ることを思えば、躊躇してしまうのは確か。応援時や普段の生活で着る事まで考えるなら、やっぱりシンプルなデザインが良いです。
 実際に選手たちが着て動いているのを見た感じでは、今季のユニフォームって悪くないと思うんですよ、私は。今回のアンケートに載っているデザイン例は、どれも無難過ぎる感じで物足りないような。東京独自の要素がないのは、ちょっと寂しい気もします。
 そういえば今年はレプリカ、買っていませんでした。今季でなくなってしまうなら、時期を見つけて買っちゃいますかねえ。できればバーゲンを狙って(笑)
[PR]
by y.tokio | 2007-05-30 02:56 | FC東京
東京から虎が去る…
 退団選手について

 タイガーこと西畑達也が、FC東京バレーボールチームを退団。私がバレーボールチームを応援し始めた年に、今はなきTOYO TIRESから移籍してきた選手。ピンチサーバーとして出ることが多かった西畑ですが、今年は怪我をしていたらしく、あまり出番がありませんでした。
 競技生活を続けるのか分かりませんが、今後の人生に幸多きことを。
 そういえば私、西畑のチャントが「西畑、最高♪」なのか、それとも「西畑、さあ、行こう♪」なのか、最後まで分かっていなかったりします。正解、知っている人、います?
[PR]
by y.tokio | 2007-05-29 02:00 | FC東京バレーボール
ワンチョペの使い方
 2007Jリーグ第13節 対名古屋(ホーム)

c0039323_18294517.jpg 当日の朝、起きたら私、何の根拠もなく、試合開始が午後4時からと思いこんでまして…。余裕をかまして、午後1時ごろに新聞を見て、実際が午後3時開始と知ってビックリですよ。あたふたしながら家を出ました。飛田給に止まる特急に乗ったのは、久しぶりかも。
 東京はフォワードにワンチョペを起用。ルーカスとはツートップというより、縦の関係でしょうか。右MFは、ちょっと意外な梶山。左MFはリチェーリ。ボランチは福西と伊野波。CBは今野と藤山。右SBは徳永、左SBはノリオ。GKは土肥。控えにはナオや栗澤、そしてナビスコで活躍した赤嶺も。
 試合は0対1で敗戦。リーグ戦3連勝はならず。それにしても前半の失点シーンは…。あれだけ誰も動かなければ、そりゃあ決められるでしょう。暑さで集中が切れていたのか、マークの受け渡しで混乱したのか、原因は分かりませんが…。
 後半の内容も、見違えるほど良かったとまで思いませんが、とにかく前半と比べれば、球際の激しさも増し、少ないながらも得点のチャンスを作りました。どんな条件下であっても最低限、あれぐらいの戦いを見せてほしいですね。
 個人的にはスタミナが持つならば、福西を最後までピッチに入れておいてほしかったですかね。確かに前半の動きが良かったとは言えませんが、試合の終盤には、正確なプレーができる選手が必要だと思ったんで。
 Jリーグはキリンカップのため、次の試合は約2週間後。6月は清水、浦和、甲府、ガンバ大阪、鹿島と強敵、難敵との対戦が続きます。東京は季節外れのゴールデンウイークに入るようですが…ちょっとシーズン中に4日間のオフは長過ぎません?…ここまでのサッカーをしっかりと見直し、少しでも良い内容、成績を残せる準備を。今野が代表でいなくなるのは、逆に本職CB陣のチャンス。
 とりあえずセットプレーが、もう少し得点に繋がるよう、努力してほしいです。実は森村あたり、密かに期待しているんですけど。練習試合やサテライトで遠慮せずに主張して、蹴ってみると良いと思うんですが。今の東京なら、直接FKを狙えるだけでも、出場させる価値がありますよ、本当に。
c0039323_23142795.jpg そして今後、最大の問題となってくるのが、ワンチョペの起用ですかねえ。ナビスコでの活躍もあり、試合後は赤嶺が先発すべきだったという声もあるようで。でもワンチョペをメンバー入りさせる前提なら、やっぱり赤嶺がベンチだったかな、と思ってしまいます。もう少し早く入れても良かったかもしれませんが。
 それは赤嶺に先発を任せられないのではなく、今のところはワンチョペに、スーパーサブとしての働きを期待できないから。ここまで見てきて、ワンチョペが途中起用で試合の流れを変えてくれるプレーをしてくれるようには見えないんですよね。
 パワープレーになった時の競る強さ、ゴール前での落ち着きはあるかもしれません。でも得点に対する貪欲さ、ゴール前でボールを持った時の怖さなどの点では、今のところ非常にもの足りません。だから千葉戦のように、長い時間の中で巡ってきた数少ないチャンスを、慌てずに決めてくれれば…という使い方しか思いつかないんですよねえ。チャンスの数自体は、ワンチョペがいることで減っているように、素人目には見えてしまうのですが。
 正直、東京の未来を背負っていってもらいたい赤嶺や平山、小澤、森村らが試合に出るチャンスを減らすだけの価値を、今のワンチョペのプレーからは感じられなくなっている自分がいます。果たして、これまで見てきた以上のワンチョペが、存在するのでしょうか。はっきりいって不安です。ワンチョペを生かすことにこだわることで、本当にチーム力が上がるのか、しっかりと見極めないと、取り返しのつかないことになるような気が…。
[PR]
by y.tokio | 2007-05-28 02:37 | FC東京
急がば回れ…時には
 2007ナビスコカップ第6節 対横浜FC(アウエー)

c0039323_2391430.jpg 某局の受け売りじゃないけど「絶対に勝たなければならない戦い」のナビスコ杯予選最終節。もっとも2004年の制覇以来、ファンの間ではこのタイトルに対するモチベーションが、もうひとつ上がらない気もしますけど。
 東京は前線のマリノス戦から、大幅なメンバー変更。赤嶺が1トップで待望の先発!その下に栗澤。左にリチェーリ、右にナオ。ボランチは福西と伊野波。CBは今野と茂庭。右SBに徳永、左SBは金沢。GKは土肥。控えにはルーカスやノリオ、梶山、憂太ら。
 試合は前半、PKで失点した直後に赤嶺が1点目!そして後半、引き気味の相手ゴールを再び赤嶺がこじ開けて2点目!2対1で東京の勝利!同時刻に行われていた同グループの試合で、磐田が大分に勝ったことで、東京の決勝トーナメント進出が決まりました!
 今になってみると磐田が大分に勝ってくれたのは、やっぱり東京にとって非常に大きかったですね。予選突破のためには大量得点が必要だと言われていましたが、多少は調子が上がってきたとはいえ、今の東京が狙って3点目、4点目を、しかも守りを固めてくると予想される相手から獲るのは正直、厳しいでしょう。逆に無理な攻めで失点を重ね、試合を落としてしまうことの方が怖かったんで、個人的には1点差でも勝てれば、と思ってました。
 試合中、磐田が大分に勝っているという情報は、両チームのゲームプランに大きな影響を与えたはず。結果的には東京に良い影響があったかと。同点の展開で横浜FCは、引き分けで大丈夫という思いから、逆に失点を恐れてプレーが消極的に。一方の東京は、1点獲って勝てばOKとなったことで、攻めにいく中にも気持ちに余裕があったのでは。やっぱりお中元には、FC東京カレーにバモスせんべいぐらいは付けますか(笑)
c0039323_3274933.jpg そんな背景もあったためか、この試合では東京の選手たちから、いつになく丁寧に相手守備陣を崩そうとする姿勢が見られました。福西が先発した影響でしょうか。彼の意志を栗澤が、持ち前の運動の量と質で選手全員に広めていった…と表現してみたものの、あまり的を得てないですね。
 どんな時でも、この日のサッカーで押し切れるほど完成度は高くないでしょうけど、時には遠回りのように見えても、一つ一つのチャンスの質を上げていく方が、ゴールへの近道となるはず。だからといって繋ぐ事にこだわり過ぎると、痛い目に遭う事もあるわけですが。
 そんな攻撃を、2ゴールという最高の結果に結びつけた赤嶺の活躍は、本当に嬉しかったです。実は赤嶺待望論のようなものがファンの間で高まっているのをネットで見ていて、不安な気持ちもありました。そこまで期待し過ぎるのもどうかと。しかし完全に杞憂となりましたね。どちらも赤嶺らしく泥臭い、それでいて間違いなく美しいゴールでした。
c0039323_4203989.jpg で、攻撃はちょっとずつ…本当にちょっとずつなんでしょうけど…良くなっているように思うんですが、セットプレーが…。むしろ開幕直後の方が、得点の可能性を感じさせた気も。なんだかんだ言っても、中に平山がいたのは、相手チームにとって脅威になっていたのではないかという気が…。とりあえず、もう少し危険な匂いのするキックを増やしたいですね。
 すでに準々決勝の日程が発表になったわけですが、相手は横浜Fマリノス。アウエーは7月8日の日曜日。会場は…また三ツ沢!?チケットの一般発売は6月10日。争奪戦になりますかねえ…。ホームは7月14日の土曜日、味の素スタジアムにて。
[PR]
by y.tokio | 2007-05-25 04:21 | FC東京
続・お中元の…
c0039323_10135091.jpg

今朝、トーチュウでナビスコ杯の順位表を確認してみたら、大分対磐田の勝ち負けに関係なく、東京の予選突破だったんですな。
まあ、準々決勝の相手がマリノスではなく、川崎になっていたかも、と考えれば…。うーん、お中元はFC東京カレーの詰め合わせぐらいで充分ですかね(笑)
[PR]
by y.tokio | 2007-05-24 10:13
お中元のススメ
 赤嶺2発 東京劇的 決勝トーナメント進出!(トーチュウ)

 我らがアニキ

 いぶし銀の左サイドバック

 さらに頼りになるベテランフォワードを、

 ついにはさわやかヤ○ザまで頂いて、

今度は3年ぶりのナビスコ杯
    決勝トーナメント進出!
助けてもらい…。


    というわけで……



 東京フットボールクラブ株式会社は、

    世話になっている

  株式会社ヤマハフットボールクラブに…




お中元を
   贈るべき!!


参考・意外と知らない?お中元を贈るマナーと基礎知識(All About)


 今後とも宜しくお願いいたします(笑)
 もう赤嶺ですよ、赤嶺!巡ってきた千載一隅のチャンスに、結果を出しましたねえ!素晴らし過ぎます!
 早退して仕事が溜まりに溜まってるんで、明けて本日は相当にきついような気がしますけど…夜更かししちゃいますかね♪MXの録画放送、朝まで我慢できそうにないですから(笑) そういえばチャンピオンズリーグの決勝も…これは徹夜?果たして私の頭と体、どうなりますやら。
[PR]
by y.tokio | 2007-05-24 02:35 | FC東京
小澤落選…そしてナビスコは予選最終節
 U-20日本代表チーム フランス遠征(第35回ツーロン国際大会)メンバー

 ツーロン国際大会のメンバーに、小澤の名前はなし。このメンバーに予備のGKを1人加えた21人が事実上、U-20ワールドカップへ出場するとのことで、小澤の世界進出はならず…残念…。とはいうものの、ほかのFW・MFの顔ぶれを見ると、仕方ないですかね。公式戦出場なしで、最後まで候補に残っただけでも…うーん、でも本人は悔しいでしょうね。
 まあ、茂庭みたいなこともありますし、心の準備だけは。どっちにしろJリーグはシーズン中なんで、ハワイへバカンスへ行ったりはしないでしょうし(笑) 本当の問題は、東京が彼のことを、どのように考えているか、だったりするんですけどね。今後、どの程度の出場機会がありますかねえ。
 そして明けて本日、意外に都心から近い、三ツ沢にてナビスコ最終節なわけですが…。

 2007ナビスコカップ順位表・日程(J‘GOAL)

 順位表を見て思うのは前節の横浜FC戦、せめて引き分けておくべきでしたよねえ。まあ、ほかのグループのことは気にせず、勝つことに集中というところでしょうか。得失点は気になるところですが、まずは1点差でも勝つことが優先。出来るだけ得点を…なんて考えていると案外、上手くいかないものですからね。
 横浜FCも予選突破のためには勝利がほしいでしょうから、東京が1点でもリードできれば、さすがに攻めてくるでしょう。引き分けOKの試合ではないですから。そのような展開になれば、逆に追加点のチャンスも出てくるはず。
 仮に東京が勝ち点10まで伸ばし、大分が磐田に勝ってCリーグの2位となった場合。

Aグループ
 すでに敗退が決まっている神戸が、果たしてガンバ大阪を相手に、せめて引き分けに持ちこんでくれますか。関西ダービーらしいので、頑張ってほしいものです。祐介、頼みますよ!出ないかもしれませんが。広島対千葉は、しっかりと勝負を決してもらう必要あり。予選の序盤は調子良かった千葉ですが、怪我人続出の現在、なかなか厳しそうですね。

Bグループ
 清水と柏は、2位抜けの可能性はなし。奇跡の1位突破を目指して、上位2チームと間違いなく本気で勝負してくれるでしょう。どちらかの試合で引き分け、もしくは下位チームが勝てばOK。ここのグループの2位チームなら、勝ち点10でも上回れる可能性はありそうです。

Dグループ
 とりあえず甲府には勝ってもらうとして…増嶋、五輪アピール弾を!…敗退決定の名古屋の相手が、ホームに強い新潟ですか…。なんか松尾が張りきっているみたいなんで、別の意味でも注目。というか、なんでそんなに元気なんですか(苦笑)

 まあ、日本人の性格から言って、敗退が決まっているチームも全力で…という感じでしょうから、どの対戦も引き分けぐらいは大いにあると思います。とにかく東京は勝利あるのみ!原さんは、色々とフレッシュなメンバーを…本当に(笑)…使うとの噂も。リーグ戦に繋げる意味でも、良い戦いを期待してます。
[PR]
by y.tokio | 2007-05-23 02:38 | FC東京
予測の外から放たれた…
 2007Jリーグ第12節 対横浜マリノス(アウエー)

c0039323_0405680.jpg 日産スタジアムといえば、どうしても思い出されてしまうのが2005年の9月17日。ジャーンと衝突したルーカスが救急車で運ばれ、騒然となった試合。でも本当に重症だったのは、その前に交代していたナオだったんですよね。そんな彼が長い治療、リハビリを経て復活を果たし、古巣でもあるマリノスのスタジアムへ元気な姿で帰還。本人も色々な思いを持っていたようで。
 東京は大勝した前節の千葉戦と同じスタメン。ワンチョペとルーカスの2トップで、右に信男、左にリチェーリ。ボランチは香港帰りの梶山と伊野波。CBは今野と藤山。右SBに徳永、左SBにノリオ。GKは土肥。控えにはナオや栗澤、憂太らのほかに、怪我から復帰した福西の姿も。
 試合は後半、ルーカスと交代で入った福西が、最初のプレーでゴールまで30メートル…らしい…の距離からシュート。これが決まって先制!やっぱり頼りになります!この1点を守りきり、東京が今季初の連勝を達成!
c0039323_1263923.jpg 実は福西のシュート、見逃したんですよねえ。あの場面、ルーカスを下げちゃうのか、と思い…風邪ぎみだったようですね…入ってきた福西が、どこに入るのかと考えながら、ペットボトルのお茶を一口。で、顔を上げた時には、ボールがGKの頭を越したところでした…。あの距離とタイミングでシュートが放たれるとは、予想だにしていなかったということです。
 まあ、自分の集中力のなさや不注意は置いておいて(笑) ゴールというやつは、相手を崩しきって奪うのが理想的ではあるんでしょうけど、理想的な攻撃というのは案外、GKに止められることが多い気もします。
 前節のルーカスが決めた得点は、シュート自体が素晴らしいのはもちろんですが、相手守備陣の予測しないタイミングで撃ったからこそ、ブロックに遭わずに済んだと思うし,ワンチョペのごっつぁんゴールも、撃つタイミングをずらしてましたよね。攻撃の形を作ることは大切ですが、実際にゴールという結果を生むためには、そこからリズムやタイミングを外したプレーをやる事も大切かもしれない、と福西のゴラッソをニュース映像で何度も見ながら思いました。
 正直、場所の関係もあって、しっかりと試合を見ていたとは言い難いのですが…。前半はかなり危ない場面もありましたが、土肥のセーブなどに救われました。この試合を見た限り、土肥は以前の輝きを取り戻しつつありますかね。タイミングの良い飛び出しで、マリノスの攻撃を何度も防いでいました。
 東京の攻撃陣はシュート8本。シュートを撃つ積極性、それ以前にシュートを撃てるような形の不足?ただ以前に比べると少しずつ、サイド攻撃で手詰まり感がなくなってきた気もします。この辺りは、後で映像を見てみないと自信を持って言えないのですけど、多少はサイドへ流れた選手へのフォローが出来てきたかも。
 助かったかな、と思うのはマリノスが右SBで田中隼磨を出さなかったこと。一方でちょっと残念でもあったんですけどね。最近、SBに慣れつつあるノリオが、日本有数のSBを相手に、どの程度やりあえるのか、見てみたかった気もしたんで。
c0039323_31426.jpg 印象的だったのは試合後、←引き上げる選手たちの中に見えた、ナオの満面の笑顔。色々とあった日産スタジアムですが、この勝利で吹っ切れると良いですね。プレーの方でも、何か一皮剥けそうな雰囲気はあるんですがねえ。次のナビスコ横浜FC戦、先発で使ってあげたいところですが…。
 最近は大車輪の活躍を見せている藤山と今野の現CBコンビですが、次節の相手は名古屋。前線にはヨンセンが。この試合でもハーフナーが出てきて、結果的にはオフサイドで救われたものの、ゴールネットを揺らされた場面もあっただけに、高さは要注意ですね。その意味でもエバウドを試したいところなんですが、また別メニュー調整との噂も…。果たして、どうなりますか。
[PR]
by y.tokio | 2007-05-21 03:02 | FC東京
本田のキックは凄いと思うけど…
 先ほど、五輪2次予選、アウエー香港戦のTBSの録画短縮放送の録画映像を確認。試合全部が見られたわけではないので、何とも言えない部分はありますけど、平山と梶山は得点に絡んだし、伊野波も特に破綻はなかったようですし、東京の3人とも最終予選も呼んでもらえそう…というか、東京のチーム状態からすると呼ばれてしまいそうとも(苦笑)…で、まあ、何より。
 2次予選最終節、6月6日の国立マレーシア戦、平山と伊野波は警告の累積で出場停止。これは良い機会でしょう。平山がいない時の形、しっかりと試してもらいたいところです。普通に考えれば、カレンと忠成の2トップですかね。プレースタイルが被る部分もあるんで、しっかりと役割分担を確認しておきたいところ。増嶋にもチャンスをあげてほしい気もしますけど…。
 それにしても、今更ながら本田圭佑のFKは…凄かったですね。香港の壁が一人というのはどうかと思いましたが(笑)
 もちろん、本田のキック自体は見事でしたが、あそこまで変化するのを見ると、むしろボールの進化に驚いてしまいますね。GKには受難な時代になりました。
[PR]
by y.tokio | 2007-05-19 02:49 | サッカー
代表、代表…
 各年代の代表チームに、東京の選手たちが。

 日本代表候補トレーニングキャンプメンバーに今野泰幸選手選出のお知らせ

 日本代表候補トレーニングキャンプ メンバー(JFA)

 フル代表候補のトレーニングキャンプに今野が。今回は一応、MFで呼ばれているのは、ちょっとだけ嬉しかったり。でも実際は、中盤の方が競争は厳しいんですよね。6月にはキリンカップがあるわけですが、果たして試合で出番は?それ以前に、メンバー入りは?
 一方で前回、代表候補となった祐介は今回、選出されず。あれからゴールもアシストもないみたいですしね。リーグで活躍した選手には広くチャンスを、というオシムさんの方針は、基本的に好感は持てるんですが、それにしても随分と「代表候補」が増えましたねえ。まあ「代表候補」と「代表選手」は、やっぱり違うということですね。
 そして明けて本日、U-22日本代表はアウエー香港戦。

 北京オリンピック2008アジア2次予選 対U-22香港代表 U-22日本代表メンバーに平山相太選手、伊野波雅彦選手、梶山陽平選手選出のお知らせ

 U-22日本代表メンバー・スケジュール(JFA)

 この試合に勝つか引き分ければ、B組1位抜けが決定するとのこと。1位抜けが決まれば、6月のマレーシア戦は完全に消化試合となるわけですかね。
 まあ反町さんの話を聞いている限りでは、最終予選でのシード権獲得のため、少しでも多くの勝ち点を、なんて考えているみたいですが。Jリーグもあるんで、少しは余裕を持ってもらいたいと思ったりもしますな。
 正直、厳しい状況にある東京のことを考えると、あまり3人を無理使いしてほしくない気持ちも。あまり余裕はないですからね。日曜日の横浜マリノス戦、使えないなら使えないと割りきれるなら、むしろやりやすいかもしれません。
 そして、実は現在、最も気になる代表が…。

 U-20日本代表候補トレーニングキャンプメンバーに小澤竜己選手選出のお知らせ

 U-20日本代表候補 トレーニングキャンプ メンバー(JFA)

 小澤にとっては、7月に行われるU-20ワールドカップへの代表入りをかけた合宿。状況は、かなり厳しいと言わざるえないでしょう。ほかのフォワードの選手たちと比較すると、小澤だけが今季は公式戦での出場なし。この差は非常に大きいです。監督の話なんか聞いていると、すでに選考というよりは、チームをまとめる作業に入っている感じですし、果たして小澤の存在は頭の中にあるのでしょうかね。
 今日は合宿先で、千葉との練習試合が組まれている模様。もう、ここで結果を出し、アピールする以外はないでしょう。最後まで望みを持って、目指せ世界を!
[PR]
by y.tokio | 2007-05-16 02:58 | FC東京