トップ

FC東京などについての戯言。1974年生まれのパラサイトシングル(男)がお送りします。
by y.tokio
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2007年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
超?節約遠征
 2007Jリーグ第23節 対広島(アウエー)

 実は広島くんだりまで行くというのに、4日前まで交通手段を確保していない状態でして…。普通ならHISなんかのフリープランを利用して飛行機…でしたが、すでに受付は終了。
 まあ、新幹線で往復すれば良いか…なんて思いかけましたが、どうも最近、遠征費を無駄に使い過ぎている気がしまして。身分不相応なこと、この上なし。自分の場合、東京の試合を見るなら、金に糸目は付けない…というよりは、遠征がマンネリ気味になって、適当になっている…というのが正直なところでした。
c0039323_2444133.jpg これはイカン!と急に思った私。無理やり取った29、30日の2日間の休みを生かして急遽、節約遠征を決行することに。とりあえず行きは28日、仕事先から直行でJRの高速バス11600円。まあ、もっと安いバスもあったわけですが、あまり調べている時間もなかったんで…。宿泊はカプセルホテル。ネット割引で2980円。
 そして帰りは、金券ショップにて3000円で購入した、青春18きっぷの残り1回分を利用。広島から鈍行のみを使い、1日がかりで移動!広島駅を30日の午前8時22分発。発山陽本線から京都線、東海道線、中央線と乗り継ぎ、立川の我が家に到着したのは、明けて31日の午前0時10分…。およそ16時間の道のりでした。これでも乗り継ぎは、かなり上手くいったと思うんですけどね。
 そんな中でも宮島で大鳥居が見れたし、平和記念公園にも立ち寄れたし、偶然にリトルリーグの試合をやっていたおかげで、広島球場に入れたし、アナゴ飯を食べたし、お好み焼きも食べたし…基本的には旅嫌いで旅下手な自分なりに、楽しむことができたかと。何よりも東京が勝ったし!
 東京はルーカスが出場停止。ワントップに赤嶺、その下に福西。右MFにナオ、左MFは久しぶりに栗澤。ボランチはファン待望の今野、そして梶山。CBは藤山、そして茂庭。右SBは徳永、左SBは怪我が心配だった金沢。GKは塩田。控えには平山、ノリオらの姿が。
 結果は5対0と東京の勝利!まあ、決定機は広島の方が多かったと思いますが、順位の近い相手に対して、大量得点差で勝利できたのは大きいですね。東京の順位を考えれば、まずは残留を決めるのが先決なのが現実ですから。
 梶山の今季初ゴールとなったFKは、本当に凄かったのですが、あのコースには2度と飛ばないかもしれませんねえ(笑) でも練習はしているとのことなんで、期待しておきます。あとは壁を越えたり巻いたりするボールを蹴れるキッカーがいると…。現状では栗澤、憂太、森村らに期待。
c0039323_3212273.jpg 2点目は相手GKの対処ミスだったようですが、ハイボールに体ごと飛び込んだ、いかにも赤嶺らしいゴール。ゴールネットに絡む姿が良く似合います(笑) 守備でも足をつるまで走りまくり、チームに貢献。
 その赤嶺と交代で、試合終盤に入ってきた平山が2得点。この辺りからは中3日の東京と、中2日の広島のコンディションの差が出たかもしれません。CKからの折り返しを決めた3点目となったゴールは、胸トラップからのボレー。4点目は福西。ノリオのクロスが相手ディフェンスに当たり、こぼれたボールを、華麗にクールにボレーで叩きこみました。
 そしてボランチに戻った今野をはじめ、とにかくチーム全体が高い守備意識を持ち、運に助けられながら無失点。特に何度か見せた、塩田のビッグセーブがチームに勝利を呼び込みました。この試合の5点差は、そのままGKの出来の差だったかもしれません。
 次節は国立にて神戸戦。2周間の中断に入る前、連戦最後の一戦。この日の勢いを…なんて書いている現在、すでに試合は終わってたりするんですが(笑)
[PR]
by y.tokio | 2007-08-31 03:26 | FC東京
久しぶりの勝利!!
c0039323_21272044.jpg

5点も差がつくほど、内容で勝っていたわけではないので、選手たちは浮かれないように。浮かれるのは、こちらに任せて(笑)
それにしても梶山のFK、凄かったですね。あの瞬間だけ、ホーム側のゴール裏に居たかったかも(笑)
[PR]
by y.tokio | 2007-08-29 21:27
広島より
c0039323_18343074.jpg

今のところ、心配された雨は降ってませんが、果たして…。
東京は今野がボランチ復帰。前線の組み合わせ、個人的にはかなり期待大。特に栗澤は、チャンスをものにしてほしいところ。
金沢の状態は気になりますが、大丈夫、後にはノリオがいます!(笑) まあ、普通は浅利を入れて、今野を下げるんでしょうけど。
とにかく結果がほしいです。勝てば確実に12位浮上!
[PR]
by y.tokio | 2007-08-29 18:34
結果が内容を蝕む前に…
 2007Jリーグ第22節 対浦和(アウエー)

c0039323_2155710.jpg 東京はルーカスと赤嶺のツートップ。MFは右にナオ、左にリチェーリ。ボランチは梶山と浅利。CBは今野と藤山。右SBは徳永、左SBが金沢。GKは土肥。控えには福西、平山らのほかに、久しぶりに栗澤、そしてエバウドの姿も。
 東京は前半、ルーカスのスルーパスに反応したリチェーリがシュート!GKが弾いてこぼれたボールに、詰めていた赤嶺がゴールで先制!これは非常に良い形でした。しかし前半に2失点、後半に1失点。セットプレーから今野が決めて1点差に詰め寄ったものの、中断明け4連敗となってしまいました…。
c0039323_1295986.jpg すでに次の試合が迫っており、いまさら振り返る暇もないわけで…。とりあえず、内容は良くなってきてるように思いました。もう少し、ペナルティーエリア内に入る選手の数、動きの質が改善されると…。
 でも悪い結果が続けば、必ず内容にも影響を及ぼします。次節は広島戦。東京はルーカス、相手はウェズレイと両外国人エースが出場停止。金沢、そして平山の怪我の具合が気になるところ。調子を上げてきた憂太、ナオあたりに期待したいところです。
[PR]
by y.tokio | 2007-08-27 01:30 | FC東京
エバウド!
 2007サテライトリーグ 対横浜FC(ホーム)

c0039323_1245588.jpg 柏戦の翌日、夢の島競技場にてサテライトを観戦。個人的な注目は、初めてプレーを見る八田、期待のエバウド。あと小澤は元気?
 試合は後半、FKから吉本のオウンゴールで失点。その後、ナオの得点で同点にしますが、直後に中盤の底でミスが出て2失点目。ちょっと柏戦の梶山を思い出してしまいました…。その後、横浜の選手が退場や怪我で少なくなったところで、栗澤のヘッドが決まって同点。結局、勝ち越し点を奪う事はできず、2対2のドローで終了。
 横浜FCはキング・カズや三浦アツが出場。ほかにも茂庭の左SB…あまり賛成しかねますが…など色々とありましたが、時間が経ってしまったので一つだけ。やっぱりエバウドは良い!荒い部分もありますが、高さはもちろん、キックの精度、そして意外にスピードもあるんじゃないでしょうか。
 コンディションも整っているように見えましたし、できれば試してほしいところ。まあ周囲との連係などに問題があり、シーズンも終盤に入ってくる時期に使い辛い気持ちも分かりますが。私としては、このまま今季の公式戦に出れない場合でも、どうにかチームに残してほしいんですけど…。リーグが駄目なら、天皇杯の初戦がラストチャンスですかね。
[PR]
by y.tokio | 2007-08-21 03:51 | FC東京
意識の向け方…
 2007Jリーグ第21節 対柏(ホーム)

c0039323_1224332.jpg 年に一度のファイヤーワークスナイトが開催されたホームの柏戦。柏がJ1を降格した2005年は3敗1分、そして今年の初戦にも負け。最近5試合で一度も勝てていない相手。
 前節に大敗した東京は、大幅なメンバー、布陣の変更を実施。ツートップにルーカスと赤嶺。MFは右に信男、左にリチェーリ。ボランチは梶山と浅利。CBは今野と、怪我から復帰した藤山。右SBは徳永、左SBは金沢。GKは塩田を起用。控えには平山、福西、憂太、伊野波、茂庭ら。
 試合は後半、PKを決められて失点。一方の東京はゴールが遠く、0対1で敗戦。リーグ中断明けは、3連敗となってしまいました…。順位も一つ下がって13位。下を気にせざるを得ないですねえ…。
c0039323_13511564.jpg 前線に走れるメンバーを揃え、守備職人の浅利と藤山を中央に据えたことで、さすがに守備力は格段に向上。ここ数日の中では比較的に涼しかった気候、3試合をほぼ同じメンバーで戦った柏に対し、コンディションでアドバンテージのある新しい選手を起用したことも幸いしましたかね。前節5失点をした危機感も当然、あったでしょう。チーム全体で厳しい守備を見せてくれました。それだけに、負けてしまったことは本当に悔やまれます…。
 失点の場面、危険な位置でボールを奪われた梶山。そのまま自陣ペナルティーエリアまで菅沼を追っていった結果、PKを献上。でも自ら責任を取ろうとした、あの姿勢は本当に忘れないでほしいもの。塩田は、読みを当てただけに残念。
 攻撃の方では、途中から出てきた憂太が、本来の輝きを取り戻してきた感じ。ここ数年は、怪我と上昇の繰り返しなんで、そろそろ負のスパイラルから脱し、しっかりとレギュラーを確保してもらわないといけないんですけどね。個人的にはルーカスと憂太、梶山の絡みをもっと見たいところ。
 正直に言えば、この試合で見せた程度の内容が、最低でも前節の磐田戦で見る事ができなかったことが非常に残念。グラウンド状態も考慮し、この試合ではロングボールを多用した東京。さらに厳しいプレス。その結果、皮肉にも「繋ぐサッカー」を目指した中断明けの2試合よりも、拙いながらも、はるかに上手くパスが回せました。
 昨年から今年にかけて、新しいサッカーを模索している東京。それは新たに外国人監督を迎えた2006年も、たった1年の間を置いて帰ってきた監督が率いる今年も、同じだと私は思ってます。昨年の場合は、分かりやすかったのは確かですけど。
 サッカーのスタイルを変えること自体は、それがチーム力の向上に繋がるなら当然、否定されることではないでしょう。でも変えることを意識するあまり、最低限の大切なことを忘れてほしくないですね。球際は厳しく、そしてシュート意識は高く…。まあ「自分たちのサッカー」を意識しないとできない程度の完成度では、なかなか実戦じゃ通用しないでしょうし。
c0039323_1447579.jpg ルーカスとリチェーリは、もう少し周囲を使えると…逆に言えば、彼らの側に他の選手がいてあげないと。藤山の守備範囲の広さには、改めて感服。平山は随分と体が動くようになった印象。ただ、憂太が足を痛めた時、南が外に出してくれたボールをスローインで受けて、そのまま敵陣深くのサイドラインに出したのは駄目。相手のゴールキックにしてあげないと。どうしても追いつきたい一心だったんでしょうが。
 次節はアウエー浦和戦。首位チームとの戦い。ワシントンがいないというのは案外、守り辛い部分もあるんですよねえ。この試合で見せた球際の厳しさを、果たして今後も続けることができますか。
[PR]
by y.tokio | 2007-08-19 14:59 | FC東京
ボールを奪取せよ!
 2007Jリーグ第20節 対磐田(アウエー)

c0039323_152253.jpg 東京駅から東海道線1本、鈍行を乗り継ぎながら磐田へ。意外に車内が空く事はなく、5時間ほどの道のり、ほとんど立ちっぱなし。高速バスなら、もっと早くて安くて座れて…だったんでしょうけどね。
 東京は前節と同じメンバー。先発はワントップにルーカス、その下に福西。右MFにナオ、左MFにノリオ。ボランチは梶山と伊野波。CBは今野と茂庭。右SBに徳永、左SBに金沢。GKは土肥。控えも前節と同じく、赤嶺、憂太、平山、信男ら。
 5失点を食らった東京。攻撃陣は、後半のロスタイムに平山のPKと赤嶺のミドル…ボレー?…で2点を返すに止まり、2対5で惨敗。上を目指すにも下を気にするにも、得失点差マイナス11はちょっと重いですねえ…。
 こんな内容のゲームを見せられ、実際に相当、ショックを受けましたけど、まあ、自ら志願してPKを蹴る平山の姿を、ヤマハスタジアムのゴール裏から間近で見られて、静岡まで来た甲斐はあったかな、なんて勘違いしている私。色々な意味で、あれは平山にしかできない…と思ったら、国見の先輩も(笑)
  難しいことは分かりませんし、ゴール裏は距離感が掴み辛いのですけど、とにかく中盤でボール保持者にプレッシャーをかけられていないですね。磐田の動き出しやパス回しで、プレスが空回りしただけではないようにみえるんですけど…。
c0039323_2575640.jpg エルゴラのコラムで、川崎の中村憲剛が「Jリーグの選手はボールを取りにこない」と指摘してました。アジアカップで戦った、オーストラリアやサウジアラビアの選手と比較して。いくらマークしていても、ボールを奪いに来ない相手は怖くないということ。
 前線からの守備が出来ていない理由が何なのか…暑さのせいなのか、中断期間に試みた取り組みの副作用なのか、単なる気持ちの問題なのか…。次の試合まで時間がありませんが、メンバー選考も含めて、可能な限りの修正を。
[PR]
by y.tokio | 2007-08-17 03:51 | FC東京
惨敗の中…
ルーカスを制し、自らが獲得したPKを自ら決めた平山。今季リーグ初ゴール。それでこそストライカー。
そして赤嶺も今季リーグ初ゴール。リーグで示した結果。原さんは、どのように感じたでしょうか。
二人の意地で、マイナスを二つ減らした得失点差。長いリーグの中では、決して小さくないはず。そんな1点1点の大切さに対する認識が甘いから、5失点もしてしまうのかもしれませんが。
[PR]
by y.tokio | 2007-08-15 22:18
鬼門より
c0039323_1814065.jpg

味スタじゃないですよ(笑)試合開始まで、あと1時間程。日が暮れてきました。
前節と同じ先発、メンバーの東京。ナオのゴールを希望!ここで取れたら、波に乗ってくれる気がするんですけどねえ。平山もそろそろ…五輪の最終予選を控えていますし。ノリオは、ここで点を取ったらカメルーン戦に?
もちろん、なによりも欲しいのは勝利!
[PR]
by y.tokio | 2007-08-15 18:14
変わっていない?
 2007Jリーグ第19節 対大分(ホーム)

c0039323_22224854.jpg 長い中断が明けて、後半戦の…本当は前節が折り返しでしたが…開幕戦とも呼べる大分戦。ユーロスポーツのレイバンの看板に福西が登場。ちょっとリアルにヤ○ザ(笑)
 東京はワントップにルーカス、その下に福西。右MFにナオ、左MFにノリオ。ボランチは梶山と伊野波。CBは今野と茂庭。右SBは徳永、左SBが金沢。GKは土肥。ベンチには赤嶺、憂太、リチェーリらのほかに、平山の姿も。
 前半早々にスローインを受けたルーカスが強引に、テクニカルにボールをゴール前へ。そこへ飛びこんできた福西がヘディングでゴール!しかし、その後は大分に押されぎみ…押し込まれたという感じではありませんでしたが。後半にリスタートから2失点を喫し、1対2で痛い敗戦…。
 この日の大分は、とにかくチーム全体がタフでハード。前線のルーカス、福西は厳しいチェックに苦しむことに。自分が観戦した、今季のナビスコの2試合とは見違えるような動き。あれを残りの試合も続けられるなら、どこのチームも苦しむのでは。
 それでも1点は獲れ、危ない場面がありながらも、どうにか流れの中では失点しなかったわけで、勝ち負けだけのことを考えれば、後半最初の失点がねえ…。正直、あの線審の中途半端なジェスチャーには、失点を食らった側としては納得し辛いものがありますが、東京の選手は随分と簡単に認めてしまったようですし…。
c0039323_038511.jpg 攻撃陣では、ナオの切れの良さが際立ってましたが、それだけに途中交代は残念。アップの時に足を痛めたとのことですが、次の試合は出られるでしょうかね。逆にノリオは、あまり見せ場を作る事ができず。
 中断前と変わっていない、と感じた人が多いようですけど、むしろ変えたことが現実の真剣勝負の中では、まだまだ上手くいっていないのかな、と思いました。むしろ変える事に意識が向くあまり、本当に大事なことへの意識が低くなっているような…。とりあえずシュートは少なすぎ。というより、もっと得点に、そして勝利に対する執着心を!
 次節は中3日で休む間もなく、アウエーの磐田戦。結果が欲しいです。この機に鬼門突破を!
[PR]
by y.tokio | 2007-08-13 02:29 | FC東京