トップ

FC東京などについての戯言。1974年生まれのパラサイトシングル(男)がお送りします。
by y.tokio
みちのくボランチ、祝退院、そして新ユニ…
 先月の話題の中から、いくつか。まずは来季の新戦力。

 下田光平選手(秋田市立秋田商業高等学校)来季新加入内定のお知らせ

 秋田商MF下田の加入内定 『目標は今野さん』(トーチュウ)

 トーチュウさんによれば「みちのく№1プレーヤー」だそうで。現状だと競争相手の多いボランチですが、オリンピックの関係、他チームから引っ張りだこの某選手の動向次第では、意外にチャンスが回ってくる可能性も…。
 右ひざじん帯を部分断裂したという情報は、ちょっとばかり気になりますが、大丈夫でしょう、若いから(笑) 冬の高校選手権でのプレー振りに注目ですね。
 次に赤嶺のこと。

 赤嶺真吾選手の手術結果について

 赤嶺選手退院(スナップショット)

 とりあえず祝!退院ですね。ペナルティーエリア内が薄くなりがちな最近の東京の攻撃を見るにつけて、天皇杯のことを考えると、赤嶺の離脱は痛いなあ、と思う今日この頃。
 今季は出場機会に恵まれない時期もありましたが、ナビスコ予選アウエー横浜FC戦での大活躍など、ファンの記憶に残るプレーを見せてくれた赤嶺。ただリーグ戦終盤では、決定的な場面で決めきれない姿も目立ちました。ファンの大きな期待を背負っている選手だけに、来季はもう一つ上のレベルのプレーを求めたいところ。まずは怪我をしっかりと治し、1月の始動日には元気な姿を。
 そして話題の新ユニフォーム…。

 2008年シーズン 1stユニフォーム発表!

 噂となっていたバルセロナ風の縦縞ではなく、ほぼ左右対象のツートンカラー…ということ?中田浩二が所属しているスイスのバーゼル風。今のところ、もう一つしっくりときていないのですが、デザイン画を見ると、そんなに悪くないんですよねえ。
 個人的な意見としては、シャツをパンツに入れず、外に出した方が格好良いのではないかと思ったりします。怒られるかもしれませんけど。今だと、ルーカスのような着こなし。自然に出ているだけかもしれませんが。

 
 東京を去る選手たちについては、天皇杯が終わってから改めて。それぞれの選手に対しては、前向きだったり後ろ向きだったり、色々な感想を抱いているのは確か。不安もあります。
 今は彼らに良い移籍先が見つかるよう、クラブが最大限の手助けをしてあげることだけを望んでいます。
[PR]
by y.tokio | 2007-12-06 04:00 | FC東京
<< 丸亀より ゴールキーパーの価値 >>