トップ

FC東京などについての戯言。1974年生まれのパラサイトシングル(男)がお送りします。
by y.tokio
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2007年 12月 15日 ( 1 )
バレーボール・トピックス
 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 セミファイナルラウンド 1回戦 対東亜大学(山口県・東亜大学体育館)

 東京のサッカーチームが甲府でリーグ最終戦に臨んでいた日、我らがFC東京バレーボールチームは天皇杯のセミファイナル1回戦、山口県にて東亜大学と対戦。見事にストレート勝ち。年明けに行われる2回戦への進出を決めました!
 この試合でセンターの加賀が復帰。怪我をしていたそうで。リベロの中谷は、まだ離脱中のようで。昨年も怪我がちだっただけに、ちょっと心配です。久保田が頑張っているようで何よりですけどね。
 試合を観ていない身で、勝った事を喜ぶ以外、何も言う事は出来ないわけですが、高取と橋場が出ているのは良い傾向かと。
 そして2回戦は…

 平成19年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 セミファイナルラウンド2回戦について

 会場は川崎市とどろきアリーナ。相手は、先シーズンのV・プレミアリーグ覇者であるサントリーサンバーズ。先日、行われたワールドカップには、4人の日本代表選手を送り出している、強豪中の強豪。
 プレミアリーグは12月からリーグ戦が始まっているんで、コンディション的には全開でくると思われる反面、メンバー的には、どの程度のモチベーションできますか。一応、賞金が出る大会なんで、本気でくるとは思いますけど。まあ、多少は面子を落としたとしても、大して弱くなるわけじゃないでしょうが。越川のサーブとかは、単純に生で見てみたいですね。
 トーナメント表を眺めてみると、V・チャレンジリーグ勢ではジェイテクトが早稲田に敗戦。一方で大同特殊鋼が中央大学に競り勝って2回戦へ。
 東京がサントリーに勝てちゃった場合は、大分三好対東海大学の勝者と対戦。東海大学には、ワールドカップで活躍した、ゴリこと清水が所属。ちなみに高取もゴリと呼ばれていたりします。大分のケニア人は、いつの間にかフィリップ・マイヨじゃなくなってますな。

 新加入選手の発表もありました。

 新加入選手のお知らせ

 何の予備知識もないんですが、ようこそ東京へ。特にセンター線のクイック、ブロックは東京の弱点となっているように思うので、東海大学出身の落合には注目。
 もちろん現レギュラーの加賀、センター転向の巴特にも頑張ってもらいたいところ。携帯サイトのリポートによれば、復帰した加賀の調子は良かったみたいですね。
 そして天皇杯が終わると、いよいよV・チャレンジリーグの開幕!すでに日程が発表されてます。

 2007/08 V・チャレンジリーグの日程について

 2007/08V・チャレンジリーグ組合せ決定(Vリーグ)

 一つの会場で多くの試合を行う、集中開催がいくつか。中でも第4週の東京体育館には、チャレンジリーグ男女全チームが参加。しかも緑教員チームとの東京ダービー!3試合が同時に進行する中でやってしまうのは、東京ファンの価値観からすると、ちょっともったいない気もしますが。
 先シーズンは1敗でリーグを制した東京ですが、チーム間に決定的な力の差はないと実感してます。阪神デルフィーノが新たに加わったチャレンジリーグですが、7チームぐらいが入替戦争いに加わってきそうな感じ。開幕戦は我がホームタウン立川にて。
[PR]
by y.tokio | 2007-12-15 14:01 | FC東京バレーボール